時代の流れか?すべての法律が口語化へ【司法書士の業務日誌】

まだ口語化していない法律があったのか?

自分が司法書士試験受験生だった時、
民法や商法が未だ文語体でした。

それが時代とともに口語化され、
この度、文語体として残っていた
商法の一部が口語化されるとのことです。


早ければ2016年の通常国会に提出され、
2017年の改正法施行を目指すとのことです。


これも時代の流れか・・・

自分が大学生の時、民法や商法を勉強
した時は文語体でした。

「なぜカタカナ表記なのか?」
「正直何を言っているのか分からない」

そんな印象でした。


ただ、勉強していき、徐々に文語体に
慣れてきました。


本格的に司法書士試験を勉強を始めて、
条文と接していくうちに、文語体のほうが
馴染みやすくなったことを覚えています。


月日は流れ、民法の財産法分野が口語化、
会社法の成立、だんだん口語化が進み
とうとう、商法の一部だけが文語体に。


なんだか時代の流れを感じます。


実務でも試験でもやっぱり条文が大事!

司法書士試験の際、大事なのは条文。

択一問題の答えの多くは条文を根拠にして
いるからです。

条文を読めないと実務では使いものに
なりません。


実務でも条文が大事なのは言うまでも
ありません。


先日、私が講師をしたセミナーでも
終了後に質問が来ました。

結局その場ではお答え出来ず、
調べてみたら、答えは条文にありました。


文語体だろうが口語体だろうが
やっぱり条文を読むということは
本当に重要だと改めて認識しました。

新たに取締役が就任されても本人確認証明書がいらない場合はあるの?【司法書士の業務日誌】

 

まとめ

時代の要請で、条文も文語体がなくなろう
としています。

確かに条文自体読みづらいですが、
文語体でも慣れてくると親しみを感じます。


ついにすべての条文が口語体になろうと
していますが、条文は実務では大事なもの。


しっかり条文を当てはめていきながら
仕事を遂行していきます。


参考記事

六法の口語化、17年に完了…商法の文語体変更


六法揃えましたか?

模範六法2016 平成28年版

竹下 守夫 三省堂 2015-11-26
売り上げランキング : 12464

by ヨメレバ
有斐閣判例六法 平成28年版

中田 裕康 有斐閣 2015-11-06
売り上げランキング : 2996

by ヨメレバ
詳細 登記六法 平成28年版

山野目 章夫 きんざい 2015-10-29
売り上げランキング : 8946

by ヨメレバ
模範小六法2016 平成28年版

竹下守夫 三省堂 2015-11-10
売り上げランキング : 14791

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ