東武8000系 最大車両数をほこっていた車両も近年は徐々に減ってきて…

東武8000系 最大車両数も近年は徐々に減ってきて…

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

このご時世、鉄道でぷらり散歩にもいけなくなりました。

最近iPhoneやグーグルフォトの写真を見ていたら、東武8000系の写真が結構出てきました。

そこで、今回は、私が撮影した東武8500系の車両を紹介します。

東武8000系 最大車両数も近年は徐々に減ってきて…

東武8000系とは

東武8000系は、東武鉄道のほぼ全地域で活躍していた通勤車両で、1963年から1985年まで製造されていた車両です。

合計で712両製造され、国鉄とJRを除いた私鉄電車では最多両数です。

2両、3両、4両、6両、8両の編成が存在しますが、新型車両などの置き換えにより、8両編成は存在しません。

現在は、東武アーバンパークライン、東武大師線、亀戸線、伊勢崎線系統の支線、東武東上線小川町~寄居間と越生線で活躍しています。

東武8000系の写真を紹介

まずは東武東上線で活躍していたときの8000系。

数年前は結構8000系はいましたが、いつの間にか数を減らし、現在は東武東上線系統だと小川町~寄居間と越生線で走っています。

▼池袋口で活躍していたときの8000系

東武アーバンパークラインは8000系が多く活躍していましたが、60000系の登場などで徐々に数を減らしています。

来年、再来年あたりにはなくなってしまうかもしれません。

▼東武アーバンパークラインの8000系

亀戸線と大師線は8000系2両編成が活躍しています。

こちらはリバイバルカラーの車両が走っています。

▼亀戸線・大師線で活躍している8000系

伊勢崎線系統の支線で活躍している写真はありませんが、2両、3両編成の車両が活躍しています。

あと、東武顔の原型、8000系が動態保存されています。

現在はセイジクリームの塗装になっています。

▼ツートンカラーの8000系動態保存車

まとめ

東武8000系も最古参だと50年近く走っている車両があります。

ただし、あと数年で置き換わる可能性が高い車両になります。

今回は
『東武8000系 最大車両数も近年は徐々に減ってきて…』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

鉄道日記ブログはこちらから

JR高崎地域の鉄道車両を撮影した!すでに走っていない車両も… | 司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

by カエレバ
by カエレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ