【会社設立後の手続き】年金事務所に届け出る書類とは?

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

前回までは税金関係について届け出る書類について書きました。

今回は年金事務所に届け出る書類について書いていきます。

a0002_001255

会社を設立したら、社会保険加入手続きが必要

届け出る場所は?

会社を設立したら、社会保険に加入する手続きが必要です。

社会保険手続は年金事務所で行います。


「社会保険」とは?

社会保険は以下のことを指します

  • 健康保険
  • 介護保険
  • 厚生年金保険


会社の保険料の負担割合は?

会社が負担する保険料は給料総額のおよそ14%くらいです。

会社が負担した社会保険料は、全額損金(必要経費)として認められます。

ただ、会社の負担が結構大きいので、会社設立するかどうか、そのあたりも考慮する必要はあります。


許認可で「社会保険」が要件に?

建設業の場合、会社で建設業の許可をする場合、「社会保険」に加入していることが必要になります。

特に許認可を受ける会社の場合、注意しておくといいでしょう。


健康保険・厚生年金の加入に必要な書類とは?

必要な書類は以下のとおりです。

  1. 健康保険・厚生年金保険 新規適用届
  2. 健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届
  3. 健康保険・被扶養者(異動)届(国民年金第3号被保険者関係届)
    ※要件に該当する被扶養者がいる場合

a0002_003051

まとめ

会社を設立したら、社会保険の加入が必要であることは認識しておきましょう。

当然会社が社会保険を負担しなければなりません。
保険料が結構な負担になっていると、以前経営者から聞いたことがあります。

事業計画・資金繰りを考えるとき、必ず社会保険のことは考えることは大事です。

それと同時に人を雇うタイミングなども考えないといけません。

会社設立前にその辺りも踏まえ、計画することをオススメします。

次回は、社会保険の年金事務所への届出について、もう少し細かく見ていきます。


今回もご覧いただきありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです。

 

最新 起業から1年目までの会社設立の手続きと法律・税金

須田 邦裕,出澤 秀二 日本実業出版社 2012-10-19
売り上げランキング : 195064

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ