相続登記が完了したら何か書類は戻ってくるの?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

「相続登記を申請したら、書類は何か
戻ってくるのでしょうか?」


相続登記を申請して、登記が完了したら
何か書類は戻ってくるのでしょうか?

相続登記が完了したら何か書類は戻ってくるの?


登記完了後に戻ってくる重要な書類 登記識別情報通知


登記が完了すると、さまざまな書類が
戻ってきます。


その中で一番重要な書類は、登記識別情報
通知書


これは、以前の権利証に代わるもので、
なくしたら大変なものになります。


例えば、相続した不動産を売却したり、
抵当権を設定したりするときに、
登記識別情報通知を使います。


登記識別情報の通知の発行を希望
しなければ、登記識別情報通知書は
発行されませんが、基本は発行するように
してください。


なお、登記識別情報通知書は不動産ごと、
そして所有者ごとに発行
されます。


不動産が2つで、共有者が2名の場合、
合計4通登記識別情報通知書が発行
されます。


登記完了証は登記が終了したことを示す書類


登記識別情報通知書とともに戻ってくる
書類として「登記完了証」があります。


これは文字通り登記が完了したという
ことを示す書類にしか過ぎません。


本当に登記がされているか確認したければ
登記事項証明書を取得するしかありません。


その他戻ってくる書類は?


戸籍謄本など、原本還付手続きをすれば
登記が完了したときに返却されます。


原本還付手続きは、登記申請時に行なう
ことが重要です。


登記が完了してから、戸籍を返却して
欲しい旨申し出をしても、原本は返却
されません。


相続関係説明図というのを登記申請時に
提出すれば、戸籍謄本等は戻ってくる
ので、必ず登記申請時に相続関係説明図は
添付してください。


その他遺産分割協議書や印鑑証明書、
住民票なども登記申請時にコピーして
原本還付の旨申し出て、原本とともに
提出した時は、登記完了後に原本が戻って
きます。

まとめ


登記完了後には、登記識別情報通知書など
大事な書類が返却されます。


あと、自分の不動産がきちんと登記されて
いるか知りたければ、登記事項証明書を
取得して確認してください。


自分で相続手続きをするのが面倒であれば
ぜひ司法書士を活用してください。


今回は
『相続登記が完了したら何か書類は戻って
くるの?』

に関する内容でした。


※動画でも解説していますので、御覧ください。

 


参考書籍

ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本

鎌田 幸子 ソーテック社 2016-06-18
売り上げランキング : 57245

by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須