会社設立 ひとりで設立する際のメリット・デメリットを教えて下さい!

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

これからの時代、個人の法人成りが増えてくると思っています。

平成18年の会社法改正により、会社が身近に作れるようになり、さらに、運営コストも安い合同会社も着実に増えています。

ひとり会社も作りやすい環境にあるでしょう。

そこで、再度ひとり会社のメリット・デメリットを考えてみましょう。

ひとり会社のメリット・デメリット

そもそもひとり会社ってできるの?

株式会社・合同会社は一人でも会社を作ることができます。

実際、私が扱っている会社設立は一人で作っている方が多いです。

個人事業主のように見えますが、法人である以上、社会に対して責任を負う立場になることを意識しておきましょう。

法人化するメリットは?

法人化すると、給料は会社から出ますので経費から引くことが可能です。

あと、個人事業主では落としにくい経費も法人にすれば経費に落とすことが可能です。

なので、ある程度売上があり、それが数年続いているのであれば、法人化することをオススメします。

消費税も一定資本金額以下であれば、2年間支払いが免除されますので、そこでもメリットがあります。

目安は利益(売上ではない)が300万円以上と言われていますが、500万円利益があれば、法人化は検討すべきでしょう。

法人化するデメリットは?

一人会社であっても、人を雇ったのであれば、社会保険に加入させないといけません

アルバイトだろうがパートだろうが変わりありません。

保険料も経費で落ちますが、会社にとっては結構な負担になります。

あと、都税住民税も資本金が1000万円以下であれば赤字であろうと7万円負担しなければならないので、結構痛手になります。

節税対策だから法人にしたほうがいいというので安易に法人化するのは危険です。

あと、ひとりで会社を運営することになるとたちまち自分の身に何かあった時、会社の経営が立ち行かなくなることもデメリットの一つです。

まとめ

ひとり会社であっても今の時代会社を簡単に作ることは可能です。

ある程度売上があれば法人化も検討するべきでしょう。

ひとり会社でも法人化したら、会社であることには変わりありません。

そのあたりを考慮に入れてひとりビジネスを展開していくことをオススメします。

参考書籍

起業のファイナンス 増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと

磯崎 哲也 日本実業出版社 2015-01-16
売り上げランキング : 6252

by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ