東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


2017年から西武鉄道に新型車両が登場し、
有料座席指定列車が誕生します。


愛称名も「S-TRAIN」に決まり、運転区間も
決まりました。


今回は平日に運転される区間と停車駅、
そして私の今回の決定についての意見を
書きます。



西武鉄道40000系「S-TRAIN」運転開始!平日は東京メトロ有楽町線へ乗り入れ


運転区間・停車駅は?


運転区間は所沢~豊洲間です。


飯能から運転すると思っていましたが、
意外と短いですね。


停車駅は、
西武線内 所沢・保谷・石神井公園・
有楽町線内 飯田橋・有楽町・豊洲

です。


所沢から運転する場合は、
保谷と石神井公園は乗車のみ、
飯田橋・有楽町は降車のみとなります。


一方、豊洲から運転する場合は、
有楽町と飯田橋は乗車のみ、
石神井公園と保谷は降車のみとなります。


運転ダイヤはどうなるのか?


私は、朝は西武池袋線から有楽町線、
夕方は有楽町線から西武池袋線の運行に
なると思っていました。


公表されたダイヤをみると、
平日は朝は所沢から豊洲で運転(1本)、
夕方は豊洲から所沢へ運転されます(3本)


おもしろいのは、夕方所沢から豊洲まで
「S-TRAIN」が3本運転
されること。


送り込みの意味があると思いますが、
正直どれだけ需要があるかは不明です。


所要時間は豊洲から所沢まで概ね1時間
です。


私の考察 平日の「S-TRAIN」の運行形態を見て


私は停車駅が小竹向原が加わるかと
思っていました。


それは東京メトロと西武鉄道の境界駅で
乗務員が交代するために停車すると
思っていました。


今回、停車駅に入っていないので、
代々木上原駅みたいに乗務員交代のための
運転停車だけになるかもしれません。


豊洲からの帰りの電車が結構遅くまで
あるのは利用者にしたらいいですね。


一点疑問なのは、停車駅が保谷になって
いたこと。


ひばりヶ丘駅ならば分かる気がしますが、
保谷駅にしたのは何か意図があるので
しょうか?



まとめ


平日にどれだけ需要があるかによって、
次のダイヤ改正に反映されてくるでしょう。


次のダイヤ改正では平日の運転で
副都心線から西武池袋線もありうるかも
しれませんね。


土・休日の「S-TRAIN」については
また改めて書きます。


今回は
『西武鉄道40000系「S-TRAIN」運転開始!
平日は東京メトロ有楽町線へ乗り入れ』

に関する内容でした。


参考記事

2017年3月25日(土)から「S-TRAIN」運行開始!(西武鉄道ホームページより)


日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で