西武の長距離型通勤電車 車内設備が充実しています! 【江戸川区葛西司法書士の鉄道日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


写真は西武30000系です。
(自分で撮影)


以前西武鉄道が様々な取り組みを
していることをこのブログで紹介しました。


その新型車両40000系が完成し、
西武鉄道のホームページで紹介されて
います。


長距離客にも対応した車内設備に
なっているようで、
かなり充実していますね。


新型車両はどの区間を走るのか?


西武鉄道は
平日は有楽町線と西武池袋線内で、
土・休日は西武秩父から元町・中華街駅間
で座席指定制を導入することを
発表しています。


自社線内ではもちろんのこと、
乗り入れ他社線内でも、
40000系を見ることが出来ます。


この新型車両の車内設備はそのことを
考慮した作りになっています。


新型40000系の具体的車内設備はどうなっているのか?


ロング・クロスシート転換車両で、
東武東上線で運転されている50090系を
イメージされるといいでしょう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-07-30-6-27-57

ただ、車内設備は東武50090系とは
違うものになります。


まずは、
電源コンセントが付いていること。


クロスシートの時に使えるようです。


通勤型車両で電源コンセント付きは
珍しいですね。


さらに、トイレ付き車両ということ。


近鉄の長距離で運転されている
通勤型車両や東海道線や宇都宮線で
使われている通勤型車両にはトイレが
ついています。


関東民鉄の通勤型車両でトイレ付き
というのは初めてだと思います。


さらにWi-Fiも使えるということで
かなり重宝しますね。

写真 2016-02-21 9 49 06

まとめ


この車両が実際に乗ることができるのは
2017年春からのようです。


西武鉄道は特急も新型車両を登場させる
ということで、しばらくは西武鉄道から
目が離せませんね。


参考投稿

新型通勤車両40000系完成(西武鉄道資料)

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!
メルマガ登録登録はこちらから! 

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ