司法書士試験の択一式基準点が発表になりました。

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

a1380_000098

司法書士試験の択一式試験の基準点が発表になりました

最近の司法書士試験は択一式の基準点を先に発表してくれます。

受験生のことを配慮したからでしょうか。

今年の司法書士試験について、8月10日に司法書士試験の問題と、択一式試験の解答、基準点等が法務省から発表になりました。

平成27年度司法書士試験筆記試験(多岐択一式問題)の正解及び基準点等について

ちなみに、司法書士試験は1問3点です。
択一式は、午前の部35問、午後の部35問、各105点満点です。

今回は点数表記とせず問題数で書きましたことをご了承ください。

さらに私見であることも合わせてご了承ください。

a0002_011008

択一式午前の部は簡単だった?

択一式午前の部(民法・商法・憲法・刑法)の合格基準点を見てびっくり。

なんと35問中30問を取らないといけないことに。

昨年の基準点が26問だったことを考えると、相当高めです。

私の記憶が確かならば、今まで30問を取らないと足切りになった年はないかと思います。

全問正解者も75名でているようですし、今年の問題は簡単だったのでしょう。

30問で足切りということは合格者は大体2問上乗せしますので、32問取らないと合格は厳しいでしょう。


択一式午後の部は難しかった?

択一式午後の部(民訴法関係・司法書士法・供託法・不動産登記法・商業登記法)の基準点は低いですね。

35問中24問で基準点突破です。

これは昨年と同様、自分が合格した年の平成16年と同じ基準です。

午後の試験は択一式の他に記述式と合わせて3時間で終わらないといけないので、かなり厳しいです。

判断力と事務処理能力も兼ね備えないといけないと感じます。

写真 2015-06-23 14 03 31

やっぱり基礎力が大事

午前の部が簡単になって、午後の部が難しかったのが今年の択一式試験の特徴でしょう。

後は記述式も色々物議があるようですが・・・

それでもやっぱり大事なのは、基礎力でしょう。

条文と過去問と代表的な基本書を読んでいれば受かるはずです。

何度も何度も繰り返してインプットし、答案練習会でアウトプット。

別に司法書士試験で上位合格なんて目指さなくてもいいので、とにかく基礎力。

誰もが間違えないところはきちんと点を取る

それが司法書士試験の合格の秘訣ではないかと思います。

私も合格した年はとにかく条文と過去問とテキストをやりまくり、合格しているので・・・


今回もご覧いただきありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです。

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ