睡眠時間はどのくらいがいいの?【会社設立アドバイザーの日記】

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

a0002_001080

睡眠時間はどのくらいがいいの?

Yahooのトピックで面白いものを見つけました。

6時間睡眠は、飲酒状態と同じ?しかも、寝不足の回復には数ヶ月かかることも・・・
 

日本人の平均睡眠時間は6時間と聞いたことがあります。

しかし、この記事だと、睡眠時間が6時間だと飲酒状態と同じ状態のようです。

自分の平均睡眠時間は5時間。
となると・・・

興味津々で記事を読んでみました。


睡眠不足が良くないことは分かっているのですが・・・

自分の経験からだと、睡眠時間が短いと、パフォーマンスが下がります。

場合によっては一日が無駄になってしまう時も。

あなたはそのような経験はありませんか?

日頃から睡眠時間は大事なのかと感じています。

ただ、どうしても睡眠時間は短くなってしまう。

そうなってしまう場合、昼寝するなどして、睡眠を確保することがありそうですね。

睡眠時間は少ないのは良くないですよね。


睡眠不足が明らかに健康を害する?

睡眠に関するいろいろな本や資料を見ると、睡眠不足は健康に良くないと書かれています。

眠いというだけで健康にそんなに影響はないだろう?

そう思っていましたが、それがまずい。

様々な病気となる要因の一つに「睡眠不足」があるようです。

寝だめも良くないようで、日頃からの睡眠があなたの健康を良くするとのこと。

となると、睡眠時間確保のためにも、自分の時間の使い方をしっかり管理しないといけないことになりますね。

若いから無理してでも徹夜で頑張ろう・・・

それが積もり積もると、病気になるリスクが極端に高くなる。
日頃から「睡眠」を意識する必要がありますね。

 

a0002_002347

まとめ

睡眠時間については人それぞれあるでしょう。

短時間でも大丈夫の人もいれば、長い時間寝ないとダメな人も・・・

どちらにも言えますが、やっぱり「睡眠」は大事だということは間違いないようです。

昨日上記記事をFacebookで書いたところ、いろいろコメントを頂きました。

さらに、1日7時間睡眠時間を確保するにはどうすればいいのか?

無駄な時間を過ごすのをやめるというのも大事だと思いました。

私も何とか睡眠時間を確保できるように、日々の時間を見直していきたいです。

あなたは睡眠時間、確保できていますか?


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです。

※今回の写真はフリーソフト「足成」から拝借しました。

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ