資格試験 過去問をしなくてもいいのか?ちょっと資格マニアのひとこと

資格試験 過去問をしなくてもいいのか?

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

個人的には資格マニアに近いところがあり、今のところ、司法書士・行政書士・日商簿記2級・FP3級などを持っています。

ところで、資格試験を受験する上で、過去問を勉強したほうがいいかという質問を受けます。

今回は、司法書士試験のことを中心に過去問のことについて書きます。

資格試験 過去問をしなくてもいいのか?

過去問の果たす役割とは?

どの資格試験でもやはり、過去問は重要です。

過去問は、インプットした範囲でのアウトプットの活用だけでなく、各種資格試験の出題傾向を掴む上で重要になります。

また、難関資格試験になればなるほど、過去問はますます重要になってきます。

司法書士試験を始めとする各種資格試験では、過去問はマストのアイテムと言えます。

過去問以外のものに手を付けたほうがいいのか?

個人的意見で恐縮ですが、日商簿記2級の場合は、過去問の他に問題集をやりました。

簿記の場合は、とにかく手を動かして内容を覚えていったほうが、イメージつきやすいというのがあります。

簿記の場合はインプット重視よりもアウトプット重視のほうがいいです。

一方、司法書士試験の場合、まずは過去問の範囲をきちんと学ぶことが重要。

試験で出題される問題の多くは過去問の焼きましで、同じ内容でも違った切り口で聞いてくることが多いです。

なので、過去問が非常に重要です。

よく、司法書士試験で過去問だけでは受からないという方がいます。

しかし、過去問の範囲は合格できる受験生であれば誰でも点数をとってきます。

そこを落とすから、点数が伸びず合格できない受験生が多いのです。

応用問題も過去問で法的処理ができていれば応用はききます。

事務処理能力も各種資格試験では問われているので、まずは過去問をきちんとやることをしてください。

ただ過去問を使えばいいのではない

よく過去問を勉強したという方の中に、正誤だけしかやっていない方がいます。

それでは過去問をやったということにはなりません。

過去問から似たような制度や要件を探り出す、違った角度から聞かれたらどうか、記述式の申請書にしたらこうなるなど、多角的に分析する必要があります。

過去問を何回も回しても受からないという方は、ただ問題の正誤しかやっていない方がほとんどです。

私も過去問の重要性に気づいたのは、司法書士試験5回目のとき。

短期合格者が過去問を様々な方向で分析していたのをきいて、過去問だけで受かるんだというのを確証しました。

予備校講師の中には、過去問だけで受からないという先生もいますが、まずは過去問が大事であることを意識してください。

まとめ

過去問も使う時期によって、単元別・年度別と使い分けて行う必要があります。

今回は司法書士試験を中心に書きましたが、過去問はとにかく大事だということはどの資格試験にもいえます。

今回は
『資格試験 過去問をしなくてもいいのか?』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

司法書士試験についてはこちらのブログも合わせて御覧ください。

参考書籍

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

メンタリストDaiGo 学研プラス 2019年03月05日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ