変化していく時代、会社設立にあたり何が大事なのか?【3分以内で読める会社設立ワンポイント】

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

a0001_011488

変化していく時代、ブレない軸をしっかりもつ

「経営理念」をしっかり考える

これから起業して会社を興すあなた。

「会社を設立して10年後には90%はなくなってしまう」

このことはしっかり押さえておくべきです。

変化に柔軟に対応する経営を行なうことが、会社を永続的にさせる一つの要因です。

ただ、ころころ経営方針を変えていくのは、会社の内外で様々な問題が起こります。

そこで大事になってくるのが「経営理念」なのです。
 

スポンサードリンク

何のために会社を設立したのか?をじっくり考えること

今の時代、会社設立自体は簡単になっています。

あるところでは、データーを入れればものの数分で会社設立の書類ができてしまうとか。

それでやってもいいでしょうけど、もっと大事なこと。

本当に何のために会社を起こして、社会に貢献したいのかを考えること。

それが経営理念の柱になるのです。

私の場合、会社設立シートに経営理念を書く欄を設けています。

定款の前文にも記載しています。

つまり大事なのは
「なぜあなたは会社を起こしたのか、何をして社会に貢献していきたいのか?」

そこをじっくり考えることが大事ではないでしょうか。


中小企業もコンプライアンス重視の時代が?

さらにもう一つ

現在、コンプライアンスが大会社ではものすごく重要視されています。

おそらく近い将来、中小企業にも影響をおよぼすと思われます、

そこで生き残れるかどうか決まってくる可能性もあります。

例えば

  • 毎年、必ず株主総会を開催している
  • 株式会社の場合、必ず決算公告をしている
  • 取締役会をおいている会社は、3カ月に1回取締役会を開催している

といったような、法律で決められていることをしっかり守れているかどうか、問われる時代が来たような気がします。

特に株式会社の決算公告については、これからの時代、しっかりやっておかないとまずいような気がしています。

bil0126-003
まとめ

変化に柔軟に対応する。
そのことは会社を続けていくためにも重要な要素。

その基板となるのは「経営理念」

軸をしっかり持つことが本当に大事です。

あとは、経営者になるあなたが経営するために必要な法的知識を身につけていくか

それも重要になります。

会社を作るのは簡単になったけれど、その前段階でしっかり自分がやりたいことを見つめることが重要になった気がしますがいかがでしょうか?


今回もご覧いただきありがとうございました。
感想を聞かせて頂けると嬉しいです。

ビジネス常識としての法律 (日経文庫)

堀 龍兒,淵邊 善彦 日本経済新聞出版社 2014-07-16
売り上げランキング : 299964

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ