これから起業するあなたへ 一応知っておくといい「損益計算書」

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

会社を設立し、会社経営していくと、数字とのにらめっこをする機会が増えます。

前回は「貸借対照表」についてざっくり触れました。

今回は会社の計算上で重要なものの一つ「損益計算書」をざっくり紹介します。

これから起業するあなたへ 一応知っておくといい「損益計算書」

「損益計算書」はどんなものか?

損益計算書は、一会計期間の収益と費用から当期純利益(当期純損失)を計算した表です。

損益計算書を作成することで、会社の経営成績を明らかにします

貸借対照表が会社の財務状況を明らかにする表で、損益計算書と貸借対照表を合わせて、会社の経営状況が把握できます。

損益計算書は勘定式と報告式がありますが、よく見かけるのは報告式です。

報告式は、貸方、借方を分けず、縦に並べて記載します。

損益計算書(報告式)のイメージ

報告式の流れは以下のとおりになります

Ⅰ 売上高
Ⅱ 売上原価
   売上総利益(=売上高-売上原価)
Ⅲ 販売費及び一般管理費(商品の販売に要した費用 給料、広告宣伝費など)
   営業利益(=売上総利益-販売費及び一般管理費)
Ⅳ 営業外収益(会社の主な営業活動以外の活動から生じた収益 受取利息、雑益など)
Ⅴ 営業外費用(会社の主な営業活動以外から生じた費用 支払費用、雑損など)
   経常利益(=営業利益+営業外収益-営業外費用)
Ⅵ 特別利益(会社の活動で臨時的に生じた利益 固定資産売却益、保険差益など)
Ⅶ 特別損失(会社の活動で臨時的に生じた損失 固定資産売却損、火災損失など)
   税引前当期純利益(経常利益+特別利益-特別損失)
   当期純利益(税引前当期純利益-法人税、住民税及び事業税)

 

各段階での利益についての補足

各段階での利益について補足説明します。

「売上総利益」は売上高から売上原価を引いたもので、当期の販売活動から生じた利益を表します。

「営業利益」は売上総利益から販売費及び一般管理費を引いたもので、会社の主な営業活動から生じた利益を表します。

「経常利益」は営業利益に営業外収益を足し、営業外費用を引いたもので、よく経常とか略されます。
会社の通常の活動から生じた利益を表します。

「税引前当期純利益」は経常利益に特別利益を加算し、特別損失を減算したもので、法人税等を差し引く前の会社全体の利益を表します。

「当期純利益」は、税引前当期純利益から法人税や住民税及び事業税を引いたもので、最終的な当期の会社の利益を表します。

まとめ

損益計算書についてざっくり書きました。

損益計算書は、様々な段階を踏んで、最終的な会社の利益を出す計算書になります。

利益を最終的に出すということで、商品の販売や費用、営業外でどのくらいお金を使ったか把握できます。

細かいところまでは知る必要はありませんが、会社を経営していく上で「損益計算書」の内容を知っておくことは大事です。

今回は
『これから起業するあなたへ 一応知っておくといい「損益計算書」』
に関する内容でした。

関連書籍はこちら

[ポケットMBA]財務諸表分析 ゼロからわかる読み方・活かし方 (PHPビジネス新書)

グロービス,溝口 聖規 PHP研究所 2018-01-20
売り上げランキング : 25243

by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ