遺言~相続問題、自分は大丈夫と思っている方が実は・・・【江戸川区葛西司法書士の企業法務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立・役員変更などの企業法務専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


久々に相続ネタを。


最近、離婚も昔ほど抵抗なくできる時代。


それに伴い、相続関係も複雑になって
います。


不動産の名義や銀行口座を変えるだけ
なのに、手続が一向に進まない。


最近こんな事例が多いです。


なぜなのでしょうか?

a1180_014454

昨今の家庭環境の変化で相続手続きもややこしくなる!早めの対策を!


ややこしい事例を紹介します~疎遠になった子供に相続が・・・


父親が亡くなった。
相続人は子供ひとり。


父親は再婚で後妻は既に他界。
子供は前妻の子で、離婚後疎遠になって
しまった。


ただ、子供が父親を疎く思っていたため、
財産を受けとりたくない・・・


相続放棄も面倒だからしていない。


結局は父親の財産が宙に浮いている状態。


実際の事例はもう少しややこしいですが、
こんなこともこれからは増えるでしょう。


なので、財産の多寡にかかわらず、
対策を立てることは大事です。


その一つとして「遺言書」の作成が
あります。

family-1150995_1280


離婚して、再婚したら、遺言は書いておくべき!


遺言が必ずしも絶対というものでは
ありません。


先ほども説明したとおり、どうしても
遺留分の問題が出てしまいます。


そうはいっても、遺言書を書いている
のとそうでないのとでは違います。


遺された方のことを考慮して、遺言書は
作っておきましょう。


特に、離婚、再婚を繰り返している場合は
なおさら遺言書の作成は大事です。

roa0036-033

まとめ


「相続は後ろ向きのことだから、あまり
考えたくない」


気持ちは分かります。


ただ、遺された方が無用な争いに巻き
込まれたら、あなたはどう思いますか?


最近は「民事信託」というのもひとつに
はありますが、まだ研究段階。


絶対とまではいいませんが「遺言」は
無用な争いを避ける保険のひとつ。


特に家族関係が複雑になっている場合
は遺言書は書いておくべきです。

 

参考書籍

新しい家族信託―遺言相続、後見に代替する信託の実際の活用法と文例

遠藤 英嗣 日本加除出版 2016-04
売り上げランキング : 5279

by ヨメレバ
家族信託活用マニュアル

河合 保弘 日本法令 2015-12-10
売り上げランキング : 6819

by ヨメレバ


お知らせです!


メルマガ始めました。


極力ブログと同じ内容を書かないように
努めています。


つまり、ブログでは書けないことを
メルマガで書いています。


下の登録フォームから是非登録をお願いします。

 

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!メルマガ登録    

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ