夜行列車こそ時間効率を図れるのでは? 【会社設立アドバイザーの日記】

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

写真 2014-06-21 6 46 20


夜行列車こそ時間効率を図れるのでは?

Facebookの投稿を見ていたら、8月22日、北斗星のラストランとのこと。

なんだか一つの時代が終わってしまうのは寂しい限り。

ふと思ったこと。
夜行列車は時間効率をはかるには一番いい交通手段ではないか。


夜に出発して、早朝到着が魅力

例えば「大垣夜行」
今は「ムーンライトながら」として運転しています。

これは、東京駅を11時台に出発して名古屋には6時台に到着。

時間効率を考えれば、優れている交通手段ではないでしょうか?

しかも、新幹線より安いのも魅力でしょう。


ライバルも多い・・・

一番のライバルは深夜高速バス。

料金も安いし、夜出発して朝早くつくのも魅力。

最近は座席や車内設備も充実しているようです。

ただ、渋滞とかに巻き込まれてしまうと時間が読めないという弱点も。

鉄道の場合、ダイヤがしっかり決められているので、遅れるということは殆どありません。

さらに、最近は、夜空港近くのホテルに泊まり、早朝飛行機で出発するパターンもあるようです。

深夜の移動手段についてはさまざまなライバルがひしめき合っています。

a0002_001080

時間の効率を考えると夜行列車は魅力!

夜行列車がなくなったというのは本当に残念なこと。

夜行列車ほど時間効率が図れるものはない。

JRはもう一度深夜の交通手段のことを考えるべきです。

確かに夜間の点検とかの理由、安全の確保の問題もあるのは承知です。

そこの部分をもっと見なおしてみてもいい気がするのです。

時間の効率化の観点から夜行列車の運転について柔軟に対応してほしい。
それが私の願いです。


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせて頂けると嬉しいです!

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ