東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は鉄道ブログ。


2017年3月25日、西武鉄道はダイヤ改正を
します。


それに伴い、時刻表が発売されると
いうことで、時刻表を読むのが大好きな
私は早速購入してきました!



西武鉄道の時刻表を買ってきた


「Sライナー」登場でダイヤはどう変わる?


新型車両40000系がついに登場!
「Sライナー」として、平日は所沢~豊洲、
土・休日は、西武秩父~元町・中華街で
運転
されます。


ダイヤを見ると、そこまで早く運転する
わけではないようです。


平日の運用は、地下鉄有楽町線内は
待避駅がないので、先行電車のあとを
ノロノロと運転する感じ。


西武線内に入って少しスピードをアップ。


保谷で各駅停車に連絡するので、
ひばりヶ丘、東久留米、清瀬、秋津に
行きたい方には配慮したダイヤに
なっています。


スピードよりも着席を優先させていると
平日のSライナーのダイヤをみて感じ
ました。


土・休日に運転される「Sライナー」は
東横線内のダイヤがいっぱいのため、
多少ゆっくり走る感じがします。


こちらも利便性を最優先にしたダイヤを
組んでいると思いました。


私の意見ですが、「Sライナー」は
スピードよりも快適性を重視
していると
思います。


「Sライナー」 どのようなダイヤを組まれるのか?


現在「Sライナー」で使われる40000系は
全部で2編成
 

平日は1編成、土・休日は2編成使われます。


平日の運用はどうなるか?

平日は「Sライナー」で所沢から豊洲へ
折り返しで、豊洲発所沢行の各駅停車
で使われます。


豊洲到着後、新木場の車庫まで行って
夕方まで待機させると思ったのですが、
豊洲発所沢行が運転されるので、
夕方まで待機させるものと思われます。


小手指まで行けば、万が一朝運用の
40000系に故障があった場合、
別の編成を使うことも可能なので
一度小手指に戻すものと思います。


もしくは2編成を朝・夕方交互に使う
かもしれません。


夕方については、所沢を出た後、豊洲に
行き、夕方のSライナー運用にあたると
思われます。


土曜・休日の運用はどうなるか?

土・休日は、2編成使われますが、
そのうち1編成は、朝早く、
元町・中華街発西武秩父行があり、
夜間に元住吉の車庫に40000系を待機
させる必要があります。


1編成は、飯能発元町・中華街行で運転
され、元町・中華街到着後車庫にはいり、
夕方元町・中華街から飯能行として運行。


飯能から元住吉まで回送もしくは定期電車
で送り込みし、翌日の西武秩父運用に
備える運用。


もう1編成は、朝、元住吉の車庫から出庫、
元町・中華街までいき、そこから西武秩父
まで運用。


横瀬か武蔵丘の車庫まで待機後、西武秩父
から元町・中華街行として運行し、
折り返し所沢行になり、小手指の車庫に
待機する運用です。


多分私の運用予想はあっていると
思うのですが・・・


まとめ


「Sライナー」以外の池袋線、新宿線は
一部種別等が変わっていますが、あまり
変わっていないと思います。


むしろ「Sライナー」の登場のインパクト
が強いダイヤ改正になっていると感じて
います。


「Sライナー」、需要がどれだけあるのか
注目したいです。


時刻表買ってきた話から、かなり話が
飛躍してしまいました・・・


今回は
『西武鉄道の時刻表を買ってきた』
に関する内容でした。
 

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で