2020年3月14日 西武鉄道ダイヤ改正 あの車両が池袋口で見られなくなる?[鉄道日記ブログ]

2020年3月14日 西武鉄道ダイヤ改正 あの車両が池袋口で見られなくなる?

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

2020年3月14日、西武鉄道がダイヤ改正をします。

意外と変わる印象がありますが、個人的に大きなダイヤ改正だと思う部分があります。

今回はそれを紹介します。

2020年3月14日 西武鉄道ダイヤ改正 あの車両が池袋口で見られなくなる?

2020年3月14日の西武鉄道のダイヤ改正の内容は?

主なダイヤ改正の内容は下記のとおりです。

  • 池袋線の特急がすべてLaviewに変わる
  • 平日夕方運転されるS-Trainが所沢行から小手指行に変更となり、停車駅が増加
  • 新宿線に快速急行が復活

こう見ても、地味でありながら、意外と多く変わる印象を受けたのが今度の西武鉄道のダイヤ改正。

私が特に注目したのは、池袋から土・休日に運転される秩父鉄道乗り入れの快速急行が運転区間を短縮することです。

池袋口にあの車両が見られなくなる?

池袋から土・休日に秩父鉄道へ直通運転している「長瀞・三峰口」行。

池袋から特急料金なしで直通で行ける便利な電車。

これが、池袋始発ではなくなり、飯能始発となり、運転区間が短縮されます。

いつか無くなるかも知れないと思っていましたが、とうとう池袋からの秩父鉄道直通が亡くなってしまうのは残念です。

2020年3月14日のダイヤ改正では、池袋からは急行に乗り、飯能で接続という形になります。

また、特急にのると、横瀬と西武秩父でそれぞれ秩父鉄道直通電車と連絡するダイヤとなるので、利便性は向上されます。

秩父鉄道から池袋方面へも、池袋まではいかず、飯能で乗り換え、飯能でFライナー快速急行元町・中華街行と急行池袋行に連絡するダイヤとなります。

となると、池袋からボックスシートの4000系が見られなくなるということを意味しています。

多分「52の至福」に改造された4000系は姿を見せるとは思いますが。

このブログは結構見られていたのですが・・・

西武池袋線快速急行「長瀞・三峰口行」乗るときに注意!

増結シーンの動画はこちら

まとめ

2020年3月14日の西武鉄道のダイヤ改正は意外と多くの点で改正が予定されています。

また時刻表でも買ってみないといけませんね。

今回は
『2020年3月14日 西武鉄道ダイヤ改正 あの車両が池袋口で見られなくなる?[鉄道日記ブログ]』
に関する内容でした。

西武鉄道に関するもう一つ鉄道日記ブログをどうぞ!

Laview 西武新型特急の車両内覧会・車両撮影会に行ってきた!

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ