シニア起業で考える大事なことは?シニア起業をする(その2)【会社設立アドバイザーのワンポイント】

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

a0002_003051

シニア起業で大事なこととは?

会社を定年退職してからの起業が最近多くなってきています。

私が成功する「シニア起業」は

多角的な物の見方と柔軟性

だと思っています。

スポンサードリンク


資金的ゆとりが起業をしやすくしている

起業するのに資金的なゆとりがある、

若者が起業するのと異なり、シニア起業を目指す方には資金的には余裕があります。

通常の年金でもある程度の生活ができますが、それでは物足りない。
働いてもっと人生をエンジョイしたい。

最近そのような方が起業するケースが増えています。

  • より社会に貢献していきたい
  • 今まで培った経験を活かしたい

「シニア起業」は、金儲けという側面よりも社会に貢献する要素が強いです。

お金に余裕があれば、何でもできそうですが、計画的にやらないとあっという間に資金がなくなってしまい、起業を失敗してしまいます。

ビジネスにはリスクがあることを考慮しつつ、物事を俯瞰することも起業するうえで大事なことです。


社会貢献の思いが強い

社会貢献したい!

シニア起業するにあたり、そのような方が本当に多いです。

「社会の役に立ちたい」

そう思って起業したい方もいます。

ただ、起業するということは、競争社会に入るということ。

自分がやりたい事業が、社会の要請にあっているかどうか、確認すること。

頭でっかちに考えるのではなく、こうしたらお客様に喜ばれる、お客様目線に立ったビジネスを展開する必要があります。

ただ、今まで培ってきた経験があるので、お客様のどこを押さえればいいのか、若い方の起業と比べるとやりやすいと思います。

いずれにしても、起業するにあたり、なぜ起業するのか、自分のビジネスは社会のどこに役立つのか、どうやって利益を得るのかはじっくり考えましょう。

固定概念にとらわれることなく、柔軟に物事を考える。
多角的に物事を見ることがシニア起業では大事です。

a0002_011008
まとめ

「社会貢献すること」

会社を設立するにあたり本当に大事なこと。

自分のビジネスが誰に役に立つのか?
そこをじっくり考え、自分のビジネスに置き換えてみる。

それが「シニア起業」の成功の秘訣ではないでしょうか。


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです。

「シニア起業」で成功する人・しない人 定年後は、社会と繋がり、経験を活かす (講談社+α新書)

片桐 実央 講談社 2013-04-23
売り上げランキング : 47267

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ