【発車メロディー 鉄道を楽しむための工夫が】会社設立アドバイザーの日記

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

写真 2015-06-02 11 09 19

最近、鉄道会社は様々な工夫がされていますね。
そのひとつが「発車メロディー」「到着時のメロディー」

味気ない日常生活に本のチョッピリ刺激受ける、ホッとするひとときですね。

 


東西線にも発車メロディー導入

私は自宅から事務所まで通勤で東西線をりようしています。

その東西線にも最近発車メロディーが導入されました。

まだ、一部の駅は通常のブザー音ですが、中野駅を除き、すべての駅に導入されるようです。

中野駅に導入されない理由は、中野駅はJR東日本管理の駅だからです。

実は、中野方向、西船橋方向全部のメロディーをつなげるとひとつの曲ができてしまうとのこと。

作曲した向谷実さんのセンスはすごいですね。

 

by カエレバ


九段下駅と日本橋駅はその場所にちなんだメロディー

もう一つ面白いには、一部の駅はその場所にちなんだメロディーが導入されていること。

東西線の場合、九段下駅と日本橋駅です。

九段下駅は「大きな玉ねぎの下で」

この曲は九段下の駅のことが歌われているので採用されたのでしょう。

そして、日本橋駅は「お江戸日本橋」

文字通り、日本橋にちなんだメロディーですね。


まとめ

何気なく載っている通勤電車。

そこに一工夫おいた鉄道会社、私はいいことだと思っています。

音楽で人を引き寄せる、そして少しでも癒しの時間を与える。

日常的な時間を少しでも変えることはいい気がします。

皆様はいかがお考えですか?


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせて頂けると嬉しいです!

 

by カエレバ

Comments

comments