東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

公正証書遺言
最近テレビなどでも話題になっているので
公証役場でも件数が増加しています。


遺言を書いておけば大丈夫
そう思っている方も多いです。


果たして公正証書遺言を書いておけば
本当に大丈夫なのでしょうか?


遺言者が相続人に対して遺言をした
思いを伝える「付言事項」の部分も
公正証書遺言で済ませていいのでしょうか?

 



公正証書遺言を書けば大丈夫だと思っていませんか?

納得いかない相続人同士での争いが・・・

自分の財産をこの人に確実に渡したい。
遺言書に書いておけば大丈夫!


そう思っている方が多いのは事実。


しかし、遺言書を書いたために争いに
なることも。


その典型的なのが「遺留分」
相続人で一定の相続分を確保できる制度。


この制度があるがために、相続人間で
争いになることがあります。


遺留分は一定の相続人であれば誰もが
使える制度。


この制度があるがために、相続人間で
ややこしい問題を引き起こすのです。


特に仲の良くない相続人間同士で争いに
なることもあれば、相続開始までは仲が
良かったのに、遺言があったために
仲が急に悪化することもあります。


公正証書遺言に付言事項があればいいのか?

付言事項
最後に遺言者が残された方に対して
発することが出来ること。


最後のメッセージみたいなものです。


よく遺言の本とかセミナーとかでも
「遺留分対策の一つとして、付言事項を
書いておくといいですよ」

とかいわれています。


私も遺言書を書く方には、相続人に対して
言いたいことを書くように勧めています。


しかし、その付言事項も、相続人のココロ
に響かなければ意味がありません。


公正証書遺言に記載することが出来ますが、
文字が印字されたものなので、読む人に
よっては全然ココロに響きません。


公正証書遺言を内容どおり実行するには最後は「ココロ」

財産を渡す人だけに付言事項をしたり、
渡さない人に事実の付言事項をしただけ
だと意味はありません。


なぜ、そういう遺言をしたのかを
しっかりと付言事項として残すべきです。


場合によっては、公正証書遺言と抵触
しない範囲で自筆証書遺言で書くべき


家庭裁判所の検認手続が必要ですが、
自分の文字ではっきり書いたほうが、
読む人のココロを掴むことになるでしょう。


遺言の内容を確実に伝えるのは
やっぱり自分の手で書くことなのです。


ある本には「公正証書遺言」で
書くべきと書いていますが、
やはり人のココロを響かせるのは
自筆に限ります。


相続人に対していいたいこと
だけは自筆で書くことをオススメします。



まとめ

「遺言は公正証書遺言が確実です」
間違いではないですが、最近遺言に
書かれた内容が確実に実行出来ないケース
が増えています。


それは財産の大きい少ないは関係ない。
むしろ財産が不動産しかないとかそういう
場合に問題となります。


遺言がきちんと実行されるかどうか、
それは残された方のココロにどう響くかに
かかっている気がします。


今回は
『公正証書遺言を書けば大丈夫だと思って
いませんか?』

に関する内容でした。


参考書籍

Q&A遺言・信託・任意後見の実務―公正証書作成から税金、遺言執行、遺産分割まで

雨宮 則夫,寺尾 洋 日本加除出版 2015-07-01
売り上げランキング : 525513
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で