とうとう東急田園都市線の8500系が終焉に近づいてきました。【司法書士の鉄道日記】

とうとう東急田園都市線の8500系が終焉に近づいてきました。

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

今回は趣味の司法書士・行政書士の鉄道日記ブログです。

はじめに

最近東急電鉄の話題が盛んです。

東急目黒線で使用中の車両3000系の中間車の登場や、5080系の相鉄線直通対応改造など、新線開業に向けての話題が多いです。

その一方で、田園都市線は新型車両導入で、数年前まで第一線で活躍していた車両が終焉を迎えつつあります。

今回はこの車両についてご紹介します。

とうとう東急田園都市線の8500系が終焉に近づいてきました

9月6日現在で残っている8500系の編成数は?

2020系の登場によって、8500系の数が急激に減っています。

つい数年前まで、いつでも見ることができた8500系ですが、9月6日現在で残っている編成数は4編成。

あっという間に編成数が減った気がします。

新型車両が急ピッチで登場すると、旧型車両が置き換わるスピードは本当に早いですね。

▲1976年ローレル賞受賞

未だに扇風機が活躍している8500系

先日、たまたま半蔵門線で移動する機会がありました。

ホームで待っていたら、爆音で8500系が入線!

正直嬉しくなりました。

早速車内を見ていたら、なんと換気対策のためか扇風機が回っていました。

このご時世空気の循環のために扇風機があると何かと便利ですね。

今の車両には扇風機がついている車両はないので、珍しい存在になっています。

▲扇風機が健在!

ステンレス製の車両でかなりの年数は経っていますが、まだまだ現役で活躍できるように感じました。

とはいっても、最新の車両と比べると車内のサービスは劣ってしまうので、新型車両への置き換えはある意味仕方ないですね。

8500系の写真(私撮影)

まとめ

まもなく、終焉を迎えてしまう8500系。

だんだん貴重な存在となりつつあるので、もし走っている姿を発見したら、記録に残しておきます。

数が少なくなると、結構鉄道ファンで混み合ってしまう可能性があるので。

今回は
『とうとう東急田園都市線の8500系が終焉に近づいてきました。【司法書士の鉄道日記】』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

鉄道日記に関するブログはこちらから

東急8500系 「大井町線カラー」 5両編成セット (動力付き) (鉄道模型)
by カエレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ