東急新型車両2020系に乗ってきた!おまけに6020系や8500系ドアラッピング車にも!

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
鉄道大好きの司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

東急田園都市線に2018年3月下旬あたりから走り始めた新型車両2020系。

試運転のとき、たまたま撮影できましたが、今回運良く乗れたのでブログで紹介します!

ついに東急新型車両2020系に乗ることができた!

偶然にも東急新型車両2020系が!

2020系は東急田園都市線で活躍する新型車両。
今後増備が予定されています。

現在は3編成ありますが、どうやら限定運用の様子。
東武鉄道には営業運転では入っていません。

ただ、東武線内でも試運転されているので、編成数が増えれば、東武鉄道の乗り入れ運用にも就くでしょう。

車内はデジタル広告 招来の鉄道の車内のあり方を予感させる

ドア上には2つのLCDが標準装備。
そして、席上の公告は紙媒体ではなくデジタル広告。

山手線の新型車両E235系と同じ。

これから、紙媒体ではなくデジタル広告の新型車両が増えてくると思われます。

あと、防犯カメラも装備されていて、時代を反映させた車内設備になっています。

座席にも座りましたが、クッションも固くなく、座り心地は良かったです。

まとめ

今は2020系は3編成しかなく、運用も限定的。

なので、東武非乗入れの運用番号が分かれば新型車両に出会えるチャンスは増えるでしょう。

おまけ

2020系と同時に、大井町線にも新型車両6020系が登場。

外観は一緒ですが、田園都市線は10両編成に対し、大井町線は7両。
また6020系は、広告は紙媒体。

たまたま、今回乗ることができて本当にラッキーでした。

さらにおまけ

現在も東急田園都市線で主力車両の8500系。
そのうち1編成がラッピング車両。

ドアもカラフルで面白いです。
こちらも偶然乗ることができました。

本当についています!

今回は
『東急新型車両2020系に乗ってきた!おまけに6020系や8500系ドアラッピング車にも!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

昨年、2020系が登場することで、どの編成がなくなるのか予想してみました。あわせてご覧ください。

東急田園都市線に新型車両2020系登場! 8500系とかどうなるのか?

参考書籍

東急全線古地図さんぽ

坂上 正一 メディア・パル 2018-04-11
売り上げランキング : 203195

by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ