東急田園都市線に新型車両2020系登場! 8500系とかどうなるのか? 江戸川区葛西司法書士・行政書士の鉄道日記 

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

今回は鉄道ブログ。

東急電鉄田園都市線。
新型車両がいつ登場するのか、ファンも期待していたところがあります。

現在も主力として活躍している8500系が誕生して40年近く。

そろそろ置き換えの時期に差し掛かるからです。

そんな中、東急電鉄が東急田園都市線に新型車両登場というニュースがありました。

東京に新型車両2020系登場!8500系とかどうなるのか? 

2020系新型車両 2018年春に登場!

東急電鉄のニュースリリースによると東急田園都市線に新型車両が登場するのは2018年春頃

形式は「2020系」とのこと。
2020年を意識しているのでしょうか?

車内も快適に過ごせるように様々な工夫をするとのことです。

半蔵門線には乗り入れ対応になるでしょうが、東武スカイツリーラインに乗り入れるかは、資料から読み取れませんでした。
なお、東武スカイツリーラインにも乗り入れることが決まりました。

新型車両の登場で従来の車両はどうなる?

2020系は10両を1編成とし、まずは3編成を2018年春に導入するとのこと。
その後は随時導入するとのことです。

おそらく、現在の主力車両である8500系の置き換え用として導入されるのでしょう。

ただ、東急田園都市線には、8500系の他、8590系が2編成、2000系が3編成活躍しています。

これらの車両も置き換えになると予想され、東急田園都市線の車両は5000系と2020系の二形式になるでしょう。

ただ、現在、8500系2編成と8590系と2000系は東武スカイツリーラインには乗り入れることはできません。

東急電鉄の新型車両の登場について鉄道好きのブログを見ると、2000系を置き換えるとか、8500系の定期検査が切れる車両から置き換えるとか色々予想を立てています。

私が考える予想ですが、まずは東武スカイツリーライン非乗り入れ車両の置き換えからするのではないか
となると、8590系と8500系の1編成から置き換えになるのではと思います。

8590系と8500系8506編成は行先表示が幕式なので、おそらくその車両から置き換わるかもというのが私の予想です。

まとめ

ついに東急田園都市線に新型車両が登場することになりました。

となると従来からの車両についてはどんどん姿を消すことになるでしょう。

東急田園都市線にもいよいよ世代交代の波がでてくる、そんな予感がした報道発表でした。 

今回は
『東急田園都市線に新型車両2020系登場!8500系とかどうなるのか?』
に関する内容でした。

参考記事

2018年春、田園都市線に新型車両「2020系」を導入します 更なる快適性と安全性を追求し、沿線の街や駅と調和した車両を目指します(東急電鉄ホームページより)

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ