資格試験 最難関資格試験を目指す際には覚悟を決めて勉強する 「逆算メソッド勉強法」

資格試験 最難関資格試験を目指す際には覚悟を決めて勉強する

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

資格試験。

将来独立して一国一城の主として活躍できる国家資格があります。

しかし、こういう資格については、大方試験は難しいものです。

難関資格試験の場合は、合格までどのくらい時間がかかり、どのくらいの費用がかかるのかは知っておくべきです。

これこそが「逆算メソッド勉強法」の一つです。

資格試験 最難関資格試験を目指す際には覚悟を決めて勉強する

1年から2年を目安に勉強計画を考える 逆算メソッド勉強法

忙しい方だと平日の勉強時間の確保は難しいはず。

なので、通常の勉強時間よりも少し余裕を持って合格までの時間配分を考えるべきです。

ただ、ダラダラと長い時間かけても受かるわけではないので、ある程度余裕を見ながら計画を立てるべきでしょう。

司法書士試験の場合は、およそ1年から2年の範囲で考えるといいでしょう。

おおまか予備校講義時間を除き1日3時間程度勉強時間を捻出していけばいいかと。

逆にタイトにしてしまうと、ペースに追いつけなくなり、脱落してしまう傾向にあります。

なので、短期間で合格したいのであれば、合格までの期間をしっかり決めておくことが重要です。

試験日から今の時間どれだけあるのかを把握して計画して勉強する方法が「逆算メソッド勉強法」です。

勉強する時期に応じて何をしていくのかを調べていくことが重要です。

勉強するに当たり費用をどうするかを考える

資格試験を目指すにあたり、必要となるのは、受験料とテキスト購入費用。

予備校に通うのであれば、予備校の費用も考えないといけません。

費用を少しでも安く抑えたいというのであれば独学で勉強するしかありません。

ただ、そのときは予備校のカリキュラムを参考に自分なりの計画を立てて勉強してください。

独学だと、なかなか勉強ペースを掴めず、更にどこが重要か、絞ることが難しいです。

なので、過去問を単元別に解いてからテキストに戻る方法が一番適しています。

場合によっては、入門書を購入して、大枠だけを掴んでから細かく勉強していく方法もありです。

合格するためにはそこそこの費用はかかりますが、合格後回収できればいいので、とにかく早く受かりたければ自己投資を惜しまない事が重要です。

まとめ

最難関資格試験を目指す場合は勉強期間がどれだけかかるのか、自分が使える時間はどれほどかは調べてから始めてください。

あとは自己投資を惜しまないことも合格への第一歩です。

今回は
『資格試験 最難関資格試験を目指す際には覚悟を決めて勉強する』
に関する内容でした。

YouTubeのチャンネルはこちら(チャンネル登録よろしくお願いします)

あわせて読みたい

資格試験に関するブログはこちらから

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ