資格試験 短期合格を目指すならテキスト選びも重要に

資格試験 短期合格を目指すならテキスト選びも重要に

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

資格試験。

人気の資格試験の場合、書店に行くと様々な本が並んでいます。

どれにすればいいのか分からないという方も多いでしょう。

今回は、自分の意見も交え、資格試験で受かるためのテキスト選びについて書いていきます。

資格試験 短期合格を目指すならテキスト選びも重要に

テキスト どのようなものを選んだほうがいいのか?

資格試験を勉強するに当たり、どのようなテキストを選んだほうがいいのでしょうか?

大型書店の資格試験コーナーに行くと、簿記試験とかFP試験だと様々な本が並んでいます。

正直どれにしたらいいか迷ってしまいますよね。

選び方としては、テキストと問題集両方選んだほうがいいです。

テキストだけ読んでも結局は使い物にならないので、アウトプットする訓練のために問題集は必須です。

できれば、過去問集のほうが、試験の傾向をつかみやすいので過去問集をおすすめします。

テキストと問題集が一体化したものもありますが、テキストに掲載されている問題だけだと量が少ないので、やはり別途問題集を併用したほうがいいです。

テキストと問題集は、同一関連性のあるもののほうが効率的に勉強できます。

問題解いていき、該当するテキストのページが見つかりやすいと余計なストレスを抱えなくていいです。

なので、テキストと問題集は対になっているものもしくは同一出版社から出されているものをおすすめします。

テキストは厚いほうがいいのか薄いほうがいいのか?

テキストが厚いほうがたくさん書かれているので良さそうと思う方もいるでしょう。

実は、合格に必要な知識以上のことも網羅されていることもあり、注意が必要です。

薄いテキストの場合だと、合格に必要な最低ラインの内容は書かれていますが、それだと不安という方もいるでしょう。

では、どうすればいいのか?

私の考えですが、問題集をときながら、テキストに書き込みをしていく方法をとっていけばいいかと。

そうすることで試験に問われるところがわかってきて、テキストを読み込むときにもメリハリをつけて読むことが可能です。

あと、テキストが厚いと持ち運びが面倒ということもあります。

なので、社会人受験生の方は、定評のあるテキストを選びつつもなるべく薄めのテキストを選ぶのも、勉強効率の点からいいでしょう。

まとめ

テキストと問題集選びは、合格の観点からかなり重要な位置づけになります。

特に独学で勉強する方は、テキスト選びで合否が変わってくると言っても過言ではありません。

わからないことがありましたら、問い合わせフォームからご相談ください。

今回は
『資格試験 短期合格を目指すならテキスト選びも重要に』
に関する内容でした。

YouTubeのチャンネルはこちら(チャンネル登録よろしくお願いします)

あわせて読みたい

資格試験の勉強法についてのブログはこちらから

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ