「スープカレーGARAKU」札幌で本格的なスープカレーを堪能でき満足![札幌グルメ日記]

「スープカレーGARAKU」札幌で本格的なスープカレーを堪能でき満足!

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

札幌に来たからにはスープカレーを。

ということで、北海道マラソンを観戦したあと、ランチへ。

大通公園あたりをブラブラ歩いていたら、行列のスープカレー店を発見!

早速並んでみることにしました。

店の名前は「スープカレーGARAKU」です。

「スープカレーGARAKU」の場所は?

関連ランキング:スープカレー | 狸小路駅西4丁目駅すすきの駅(市営)

「スープカレーGARAKU」の雰囲気は?

店は大通公園から少し離れたところにあります。

店は地下一階にあり、カウンターとテーブルが配置されています。

ひとりで来ても気軽にはいれるのでいいですね。

「スープカレーGARAKU」札幌で本格的なスープカレーを堪能(2019年8月25日訪問)

私が訪れたのは14時くらい。

店の前には数組並んでいただけなので、すぐに入れると思いきや、店が地下一階で階段にも人が…

店内に入り、席につくまでには30分かかりました。

札幌の人気スープカレー店はどこも数十分は待つのですね。

早速メニューを。

「とろとろ炙り焙煎角煮」を注文、思ったら売り切れ。

ということで、定番の「やわらかチキンレッグと野菜」に。

辛さはどのくらいかイメージできなかったので、中辛程度にしました。

待つこと十数分、お目当てのスープカレーが来ました。

ゴロゴロ鶏肉が2つはいり、さらに野菜もふんだんに入っていてこれは美味しそう。

ちなみに野菜は、じゃがいも、にんじん、ブロッコリー、パプリカ、レンコン、水菜など豊富に入っていました。

これで野菜不足を解消できそうな量。

さっそくスープからいただきます。

うん、スープから野菜の旨味が詰まった甘みのスープと和風だしが染み込んだアッサリ味。

中辛にしましたが、辛さがガツンと来ることはありません。
もう少し辛口でも良かったかと後悔。

でも、サラッとした感じでいただきやすい味だと感じました。

それぞれの食材をお互い生かしているスープカレーですね。

そして、鶏肉がとにかく柔らかい。
時間をかけて煮込んであるので、スプーンですくいやすい。

そして、カレーと鶏肉の旨味がマッチしていて美味しい。

ご飯との相性もよくて、満足の一品でした。

お値段は1,150円でした。

まとめ

「スープカレーGARAKU」
今度はとろとろ焙煎角煮のスープカレーと辛口でいただきたい。

その思いでお店をあとにしました。

ごちそうさまでした!

今回は
『「スープカレーGARAKU」札幌で本格的なスープカレーを堪能でき満足![札幌グルメ日記]』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

札幌グルメ日記1日目のブログはこちら

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ