松屋 牛丼から違う方向にいっていないか?スープカレーが侮れない?

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

今回はグルメ日記の番外編、松屋で登場した期間限定メニューについてです。

はじめに

牛丼チェーン店の一つ「松屋」

最近「松屋」は牛丼以外にも違ったメニューをどんどん出してきます。

今回は、「スープカレー」ということで、興味があったので食べて来ました。

松屋 牛丼から違う方向にいっていないか?スープカレーが侮れない?

松屋がスープカレーを発売している?

松屋は牛丼の他にもカレーやハンバーグなど多種多様なメニューがあります。

なので、飽きない工夫は結構していると。

ただ、松屋は牛丼の他にもカツやカレー、中華、最近はステーキの店まで出していて多角化経営をしています。

今回のスープカレーの登場もその一環なのでしょうか?

意外と侮れない松屋のスープカレー

今回、松屋が出したスープカレーは2種類あります。

松屋フーズグループの「マイカリー食堂」が監修しているようです。

ごろっと野菜のスープカレーで、肉が牛肉か鶏肉(チキン)のどちらか選べます。

今回はチキンを選んでみました。

どちらもお値段は税込みで780円。

松屋の中では高い部類かもしれません。

待つこと数分でスープカレーが出てきました。

意外と野菜がゴロゴロしていてこれは美味しそうです。

▲チキンも野菜もゴロゴロしていて食べごたえあり!

野菜は、人参、いんげんなど彩りも鮮やか。

さらにびっくりしたのが、ゆで卵が入っていたこと。

これでボリューム感は増しますね。

▲まさかスープカレーにゆで卵が入っているとは!

早速頂いてみます。

うん、チキンが大きくて食べごたえがあって美味しい!

結構大ぶりなチキンが入っているので嬉しい。

▲チキンもかなり大きいカット!

あと、意外とスパイシーでそこそこの辛さがあるのがいいですね。

あまり辛くないと思っていたのですが、この辛さは予想以上でした。

結構質が高いと感じました。

松屋侮れない、食べ終わったとき、そんな印象を抱きました。

まとめ

松屋は松屋フーズで様々な事業を展開しているので、最近はレベルが高くなっているように感じます。

そうでもしないと、他の牛丼チェーン店と差別化ができないのかとも感じました。

松屋もいろいろ挑戦していると感じました。

今回は
『松屋 牛丼から違う方向にいっていないか?スープカレーが侮れない?』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近のグルメ日記ブログはこちら

松屋フーズ 個食パック 冷凍オリジナルカレー 180g
by カエレバ

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告