馬賊 日暮里駅前の手打ち麺の胡麻の香りが香ばしい担々麺に満足![グルメ日記]

馬賊 日暮里駅前の手打ち麺の胡麻の香りが香ばしい担々麺に満足!

東京都江戸川区葛西駅前 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

日暮里駅東口に行列のできるラーメン店がらあります。

店の名前は「馬賊」

外から麺を打っている職人さんの姿を見ることができ、期待大の店。

今回2回目の訪問。
以前ブログにサラッと書きましたが、細かくは「馬賊」の内容は書いていなかったので、今回紹介します。

馬賊 日暮里駅前の手打ち麺の担々麺に満足!

「馬賊」の場所はこちら

関連ランキング:ラーメン | 日暮里駅西日暮里駅三河島駅

「馬賊」の店内は?

店内はカウンターと大テーブルと数名が座れるテーブル。

混雑時にはテーブル席は相席となります。

店のオススメの担々麺を選択!

ラーメン、味噌ラーメン、つけ麺…どれにしよう迷いました。

壁にオススメメニューとして「担々麺」とあったので、今回は担々麺に。

待つこと10分くらい、麺から手作りなので多少時間がかかります。

その間にとなりの方が担々麺を注文していて、胡麻の香りが自分のところまで漂ってきました。

これは期待が持てそう!

そして、やっと私の席にも着丼。

本当に胡麻の香ばしい香りが半端ない!

具は肉そぼろとネギとほうれん草。

早速いただきます!

まずはスープから。
胡麻の香ばしい味がスープに行き届き、飲みやすい。

意外と濃い味ですが、辛さはさほどありません。

麺ですが、モチモチ感が半端ない!
基本は太麺ですが、細麺が混じっていたり、いかにも手作り感があります。

スープにも絡み、おいしいです。

担々麺900円。
美味しくいただきました。

まとめ

「馬賊」
手打ちの麺を味わいたいかたは是非訪れてください。

今回は
『馬賊 日暮里駅前の手打ち麺の胡麻の香りが香ばしい担々麺に満足![グルメ日記]』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

「グルメ日記」ブログはこちらから!

サラッと「馬賊日暮里店」のことを書いたのはこちら。

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ