司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

江戸川区葛西駅前 会社設立専門司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の個人ブログ

Tag: 任期 (page 1 of 3)

やっぱり取締役の任期、10年は長すぎるかも?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

平成18年に会社法が施行され、取締役会
非設置会社の場合、取締役や監査役の任期が
最長で10年になりました。


10年の間に何も無ければ問題ないのですが、
意外とその期間会社経営していると、
何かしら変動はあるはずです。


やっぱり任期10年にするとリスクは
それなりにあると思って下さい。



やっぱり取締役の任期、10年は長すぎるかも?


取締役が複数いる場合のリスク

このブログでも、取締役が複数いる場合、
任期が長ければ長いほどリスクがあるという
ことは紹介しました。


知り合いと共同で会社を設立した場合、
うまくいっているところはいいのですが、
経営方針の違いから対立が生じてしまう
ことも多々あります。


一方が辞任してくれればいいのですが、
結局ずっと取締役として居続けるとなると
役員報酬等の問題も出てきます。


かと言って、任期を10年から一気に
短縮してしまうと、役員報酬や損害賠償の
対象にもなり、会社経営どころでは
なくなります。


最近では、夫婦で共同代表している会社も
あります。


離婚があった場合、会社の経営権は
どうするのか、残存期間の任期の分の
報酬はどうするのか、そのあたりでも
もめそうな気がします。


役員の任期はよほど慎重に考えないと
いけません。



ひとり会社で始めた場合で役員を追加する場合も注意

最近はスモールビジネスで会社を設立する
かたが増えています。


近い将来会社設立の手続が簡素化されるので
益々会社設立が増えてくると思われます。


スモールビジネスで始めたところ、
規模が大きくなり、役員を増員したくなった。
その会社の定款の役員の任期は10年、
いちおう増員規定の場合の任期短縮規定を
設けています。


ただ、役員を新たに加入させる場合でもやっぱり
役員の任期の見直しはすべきでしょう。


もし、その取締役が会社の経営に携わる
だけの能力がない場合、任期を10年に
してしまうと面倒な問題がでてきます。



まとめ

私は、ひとり会社でない限りは、
取締役の任期は短いほうがいいと
思っています。


会社の経営の事情にもよりますが、
任期が伸びた分、色々なリスクがあると
いうことを、会社設立段階で知っておく
ことも重要です。


今回は
『やっぱり取締役の任期、
10年は長すぎるかも?』

に関する内容でした。


お知らせ

下記内容のDVD・CDが発売されました。
企業法務に携わる先生方にオススメです!
(9月の最新ベストランキング第2位に
なりました!)

平成27・28年施行 改正会社法・商業登記規則 役員変更登記の注意点


参考書籍

商業登記ハンドブック〔第3版〕

松井 信憲 商事法務 2015-05-20
売り上げランキング : 46138
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

意外と難しい役員変更登記 取締役の任期途中での退任、解任について

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

役員変更登記。
取締役の任期を10年にして、監査役を
置かないコンパクトな機関設計をする
会社が多いです。


ただ、任期を10年間役員変更登記を
しなくて済むと思っていると案外
取締役の変更をする機会があるのです。


任期が短くなったり、場合によっては
取締役を何らかの事情で解任する必要が
出たりするのです。


会社設立の時には、任期が長くなるため
登記費用がかからないというメリットを
あげている会社設立本がありました。
しかし、登記費用が安くて済むという
メリットが逆になることもあるのです。

Continue reading

役員変更登記 取締役等の役員の任期を10年にした場合のリスクって何?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

役員変更登記。
取締役等の役員の任期について、非公開
会社の場合は、最長10年まで任期を伸ばす
ことができます。


しかし、10年経過したことを知らず
放ったらかしにしていると・・・

Continue reading

株式会社設立時の定款 取締役・株主数で条項を変える必要がある? 

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

株式会社設立時の定款が大事だということ
をこのブログではかなり書いています。


つまり、法務省などで紹介されている定款
は自分の会社でそのまま当てはまるとは
限りません。


特に関係当事者が複数に渡るときは、
注意が必要です。


今回は私見を交え、株主や取締役が
複数いる場合に定款のどの部分に
気をつけるべきかを紹介します。

Continue reading

会社設立手続が簡素化されてもなぜ定款は大事なのか?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

「法人設立手続オンライン・ワンストップ
化検討会」
がいよいよスタート。


法人設立手続が諸外国と比べ面倒で時間が
かかると言われている日本のシステム。


これを会社法に従いながら進めていくのが
今回の法人設立手続の簡素化。


会社の設立手続きが簡素化されても
大事になってくるのが定款です。

Continue reading

取締役会非設置会社の役員変更 やっぱりややこしい・・・任期短縮規定

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

取締役会非設置会社の役員変更
多くの会社が任期を最大で10年にしている
ため、正直ややこしい問題が発生しています。


最近、私のブログでも役員変更は結構難しい
問題が多いことを書いています。


役員変更登記 自分で任期を管理するのは難しい・・・ 


今回も役員変更登記のややこしい論点を
書きます。


結論から書くと、取締役などの役員の任期は
自分で判断しないで、司法書士に聞きながら
対応すべきです。


その理由は・・・

Continue reading

役員変更登記 意外と難しい登記?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

様々な会社の登記事項証明書を見ていると
その会社がどういう状況かあらかた理解
できます。


特に「役員に関する事項」はその会社の
状況を浮き彫りにできます。


なんでそんな登記をしたのだろうと
思うことがしばしば。


簡単なようで難しい登記が
実は役員変更登記なのです。

Continue reading

会社設立して10年 どれだけの会社が生き残っているのだろう?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

会社法が施行されて10年が経過しました。


平成18年5月から、非公開会社(株式譲渡
制限を設けている会社)の取締役や監査役
については、任期が最大で10年まで伸長
出来るようになりました。


そろそろ役員変更の時期になる会社も
多い頃です。


生き残っている会社は果たしてどれだけ
あるのでしょうか?

Continue reading

取締役の役員の任期 あなたの会社は何年?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


取締役の任期は、選任後2年以内に終了
する事業年度のうち最終のものに関する
定時株主総会の終結の時までとするのが
原則です。


ただ、すべての株式について譲渡制限を
設けている会社(非公開会社)は定款で
最長10年まで取締役の任期を伸長する
ことが可能です。


実際、あなたの会社の取締役の任期、
きちんと理解していますか?

Continue reading

定款の内容 規模が変化した時に見直すことをオススメします! 【江戸川区葛西司法書士の企業法務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


最近、株式会社の設立登記の依頼を
受けることが多いです。


会社設立で一番大事なのは「定款」


このブログでも何度も書いていますが、
自分の会社をどう運営していくか
定款の内容が大事になってきます。


かと言って株主も取締役も1名の
至ってシンプルな会社形態の場合も
ありえます。


そこで、自分の会社にあった定款を
作成することが大事だということを
少し触れていきます。

entrepreneur-1103722_1280

会社の規模が大きくなれば、定款を見直すべき


私の個人的意見であることをご承知
ください。


最初は、雛形等で作ってきた定款。


規模が大きくなってくれば、定款自体を
見なおす必要が出てきます。


定款変更は株主総会の特別決議で
変更が出来ます。


会社の規模に合わせて、定款は逐次
見なおすべきではないかと思います。


未だ旧商法時代のままの定款を使っている会社も・・・


株式会社を設立して、会社の定款が
古いまま・・・


そのような会社も見かけられます。


監査役の会計監査限定の旨など
定款に書かれているとみなされている
事項もあったり、用語が変わっていたり
様々な変化があります。


特に特例有限会社の場合は、
文言そのものの削除も多くあります。


古い定款を使わないで、
なるべく最新の定款に変えるように
しましょう。


定款の見直しとともに機関設計も見直しましょう!


本当に取締役の人数、自分の会社の現状と
あっているのか?


監査役も名ばかりではなく、
きちんと機能しているか


その辺りも含め、もう一度機関設計を
見直しましょう。


例えば、取締役会や監査役をこの機会に
廃止してもいいでしょう。


また、規模が大きくなってきたのであれば、
取締役会を設置することも考えて
いいでしょう。


取締役会を設置する場合には、
監査役も必要になりますので注意して
ください。


併せて、役員の任期も見直すことを
オススメします。

a0002_003653

まとめ


定款は、会社の規模に応じて
その都度見直すことをオススメします。


あと、経営者の方は定款の内容を
理解するように務めることが大事だと
思うのですが、いかがでしょうか。


参考書籍

会社法定款事例集―定款の作成及び認証、定款変更の実務詳解

田村 洋三 日本加除出版 2015-08
売り上げランキング : 306168
by ヨメレバ

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!
メルマガ登録登録はこちらから!
 
  

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 
Older posts