東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

司法書士業務や行政書士業務は
書類作成をすることが多いです。


原稿のチェックをしていると、
文字のタイプミス結構していることが
あります。


また、登記申請をしたあとに、
細かいミスで補正になってしまったり、
申請前にチェックをしていたら、
大きなミスをしていることに気付き
慌てた経験も・・・


何とかミスを防ぎたい。
そのメカニズムを知りたい。


ちょうどそのときに、
うってつけのセミナーがありました。



なぜミスをしてしまうのか 脳の疲労と関係がある ある出版セミナーに参加して


ミスが多い時は◯の疲れが・・・

先日、精神科医で作家の樺沢紫苑先生の
「絶対ミスをしない人の脳の習慣」
の出版記念セミナーに行ってきました。


自分の仕事はミスが多いと
お客様に迷惑がかかることがあるので、
「極力ミスを無くしたい、なくすには
どうすればいいか」
興味がありました。


ミスが多い原因は
「脳の疲労」


実はその「脳の疲労」が厄介で、
放置してしまうと、うつや大病の原因に
つながるとのこと。


だから、ミスが多くなっている状態は
危険状態、身体を休ませる必要がある
というサインだったのです。



ミスを減らすためにセミナーで学んで実践したい3つのこと

今回の出版記念セミナーで、
実際に活用してみたいことが3つあります。


睡眠と運動

脳を活性化させるためには
「睡眠」と「運動」が大事。


特に「睡眠」は重要視していきたいです。
6時間未満の睡眠は、病気になるリスクが
増大していくことにつながる。


自分も睡眠不足のときに結構ミスを
することが多いです。


6時間の睡眠時間確保と運動する時間を
設けるためにはどうするかを考えて
1日の仕事を割り振る必要があると
感じました。


つまり、無理をしないで適度な量の
仕事をこなす、集中力を高めることが
必要になります。


集中力を高めるためには、
これまた「運動」「睡眠」が連動。
うまくつながっていきますね。


ToDoリストの活用

質の高い仕事と集中力を高めるために
ToDoリストを活用していこう

と決めました。


特に午前中は「脳のゴールデンタイム」と
言われていて、一番集中できる時。
この時間に今日確実に終了させる仕事を
もっていこう。


そして、メリハリをつけるために
「遊びのToDo」をつけるといいという
アドバイスもあったので、それを活用して
いこうとおもいました。


ボーッとする時間を少し増やす

電車にのっているとスマホをいじる時間が
結構多い気がします。


スマホをいじると目が疲れるばかりでなく
脳にも悪影響をおよぼすことにも・・・


そこで
「ボーッと何もしない時間を作ろう」
と決めました。


電車で無理して作業するよりも
ボーッとしていて自分だけの時間をつくる
これが脳にとってもいいとのこと。


実はボーッとしている時も脳が活動し、
整理する時間で重要のようです。


ボーッとすることも大事ですね。



まとめ

他にもワーキングメモリのこととか
ミスを防ぐ9つの方法とかすぐにでも
役に立つ内容が満載。


「絶対ミスをしない人の脳の習慣」
を読みつつ、自分の仕事やプライベート
でも活かしていきます。


ミスを減らせば時間をうまく使える
ひとつのきっかけとなるので・・・


今回は
『なぜミスをしてしまうのか 
脳の疲労と関係がある
ある出版セミナーに参加して』

に関する内容でした。


参考書籍

絶対にミスをしない人の脳の習慣

樺沢 紫苑 SBクリエイティブ 2017-10-11
売り上げランキング : 1559
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で