合同会社の代表者は「社長」と名乗ることはできるのか?【司法書士の企業法務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

合同会社の場合、「代表社員」が登記事項になります。

「代表取締役」にはなりません。

株式会社の場合、「代表取締役」なので合同会社の場合、違和感があるという声を聞きました。

一方で、合同会社で「社長」と名乗ることはできないのかということも聞きました。

今回は合同会社の「社長」のことについて書きます。

合同会社は「社長」と名乗ることはできないのか?

a0001_011488

株式会社の場合を考える

株式会社の場合、代表者は「代表取締役」「代表執行役」として登記されます。

「社長」という肩書で登記することはできません

ただ、定款で、「代表取締役は社長とする」旨の定款の規定があるから、社長と名乗れるのです。

home-office-336378_1920

合同会社でも「社長」を名乗ることはできるのか?

合同会社の場合、「代表社員」として登記されるから「社長」を置けないのではないかという疑問があるでしょう。

しかし、合同会社でも「社長」を名乗ることが可能です。

社員がひとりだろうが複数名であろうが関係ありません。

ただ、定款に「社長」のことは記載すべきです

条項の記載例はこんな感じです。

(社長)

第◯条 当会社の代表社員は、社長とする。
  2 社長は、当会社を代表する

(「合同会社設立・運営のすべて」(中央経済社)より抜粋)

このように定めておけば、名刺にも「社長」なり「代表社員社長」という肩書きも書けますので、便利です。

meeting-311355_1280

まとめ

合同会社は「代表取締役」と名乗ることはできなくても「社長」と名乗ることができます

その際は定款に社長という条項を設けて記載する必要があります

合同会社は定款自治の自由度が大きいため、こういう規定を漏らす可能性もあります。

専門家と協議したうえで、合同会社を作ることをオススメします。

参考書籍 

今回のブログで参考にした本はこちらです。

5つの定款モデルで自由自在 「合同会社」設立・運営のすべて

神﨑 満治郎 中央経済社 2014-08-26
売り上げランキング : 25855

by ヨメレバ

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告