個人で自分の会社を持つ時代が到来する?【会社設立アドバイザーの3分以内で読めるワンポイント】

「個人事業主から法人化へのサポートをする会社設立アドバイザー」

東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

a0001_014556

規模が小さくてもビジネスは始められる時代に!

最近、ふと思うこと。

これからは、会社に頼る時代は終わり、個人重視の流れになる。

個人で事業を起こし、小さいながらもビジネスを展開する時代。

いわゆる巷でいわれる「スモールビジネス」がいよいよ本格的に到来するのではないか。


そのように感じています。

これからの時代、個人で会社を設立し、事業を開始する方が本格的に増えるのではないでしょうか。

 

会社の土台づくりをしっかり行う

「株式会社」を作るにしても「合同会社」を作るにしても大事なのは、土台作り。

会社を興す以上、何のために会社にしたのか、何をやりたいのかを社会にアピールする必要があります。

それが、「経営理念」といわれるものです。

自分の会社の強みは何か、
自分が行う事業を通じて社会にどう貢献していくのか

そこを考える必要があります。


土台をしっかりしておかないと、自分の経営の軸がブレたりして、思うように経営がうまく行きません。

まずは土台作りとなる「経営理念」を考えましょう。

それが、会社を長く続けられる要因となります。


まとめ

これからは「個人の時代」、「スモールビジネス」が注目されます。

アイデアがあれば、何でもできる時代です。

自分の強みを全面に出すために、まずは経営理念をしっかり考える。

誰に対して何を販売して、その人に何の利益をもたらすか?

また、付加価値は何か?


その辺りをしっかり考えてから、ビジネスをスタートするようにしましょう。


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせて頂けると嬉しいです。

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ