司法書士っていろいろなお仕事ができるんですね!どんな仕事ができるのか?

司法書士っていろいろなお仕事ができるんですね!どんな仕事ができるのか?

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

先日、あるお客様と打ち合わせしたときに言われたこと。

司法書士っていろいろな業務があるんですね

一般の方には司法書士ってどんな仕事をするのかイメージが湧かない人が多いです。

今回は、司法書士のお仕事ってどんなものがあるのかを書きます。

司法書士っていろいろなお仕事ができるんですね!どんな仕事ができるのか?

司法書士の業務はどんなものがあるのか?

そもそも司法書士ってどんな業種かわからない方が結構多いです。

私もいろいろな勉強会に参加していますが、司法書士というと何をする人か分からないという方が多いです。

認知度が低いのがわかります。

まず、司法書士業務の花形業務といえば「登記」です。

「登記」といってもイメージが湧かない人が多いので、ざっくり次の項から紹介していきます。

不動産の名義を変えるしごと 司法書士の大きな役割

あなたが一戸建てを買いたいとき、司法書士が果たす役割が大きいです。

不動産を売買すると、所有者の名義を変える必要があります。

その名義を変えるためには法務局で申請書を記載して必要書類を添付して行います。

その手続を依頼者に変わって代理して行うのが司法書士の役割です。

さらに、不動産の売買の決済の場所に行き、名義を変える書類が整ったら金銭を動かす役割をするのも司法書士のお仕事です。

不動産の高額取引を担う司法書士の役割は大きいです。

あと、不動産購入のために金銭を金融機関から借りるときに、抵当権の設定登記をしますが、それも司法書士の役割です。

これは自分でやるのは正直大変なので、司法書士が変わりにやるのは実益があります。

商業登記 会社設立や中小零細企業の法務をサポート

会社を定款作成から登記に至るまで一挙に担えるのは司法書士です。

行政書士は定款作成はできますが、登記申請はできません。

行政書士が会社設立を行う場合は、登記申請は別途司法書士に依頼するか、自分で行うしかありません。

また、会社設立後、役員を変えたり、増資したりするときも司法書士の役割は大きいです。

司法書士は、中小零細企業の法務的サポートを得意としており、経営者の良き相談役です。

まとめ

他にも司法書士は「相続」や「成年後見」など、社会的貢献の役割を果たしています。

さらには「事業承継」や「民事信託」など、他分野でも活躍しています。

今後も折を見て司法書士の業務のことを触れていきます。

今回は
『司法書士っていろいろなお仕事ができるんですね!どんな仕事ができるのか?』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

司法書士業務の一つ「相続」「商業登記」に関するブログはこちらから

参考書籍

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告