都バスの気になる行先「足立梅田町」に行ってきた

都バスの気になる行先「足立梅田町」に行ってきた

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

今回は趣味の司法書士・行政書士の路線バスブログです。

はじめに

たまに取り上げる路線バスのブログ。

今回は都バスの気になる行先編。

前から気になっていた行先のバスがあります。

それは「足立梅田町」

一体どこにあるのかも含めて紹介します。

都バスの気になる行先「足立梅田町」に行ってきた

「足立梅田町」の場所は?

足立梅田町に最も近い駅は東武スカイツリーライン梅島駅。

改札を出て左、2つ目の信号「エル・ソフィア前」を右に曲がり、さらに最初の角を左に曲がったところにあります。

(下記のグーグルの案内だとわかりにくいかも知れないため、一番行きやすい方法で紹介しました)

梅島駅から歩いて5分ほどです。

ただ、「足立梅田町」で梅島駅の案内は当然ありません。

「足立梅田町」を起点としているバスは?

足立梅田町を起点として、西新井橋をとおり、荒川を渡り、町屋、三河島、鶯谷を通り浅草寿町に至るバスです。

都営バスの「草41」系統で、足立梅田町~浅草寿町まで通しの運転で、途中始発・途中止まりはありません。

運行路線図はこちら

千住自動車営業所管轄で、足立梅田町で入れ替えをしています。

日中のダイヤをみると、平日より休日のほうがバスの本数が多いのが特徴です。

平日が日中1時間あたり3本、土曜日が日中1時間あたり4本、休日が1時間あたり5本で、鉄道空白地帯を埋めている路線バスと言えます。

「足立梅田町」のバス停の雰囲気は?

まず「足立梅田町」のバス停はどんな雰囲気なのかが気になっていました。

草41系統しか走っておらず、終点についたらどこか回送されて折り返すのかと思っていました。

そうしたところ、片側1車線のところに降車専用のバス停が。

乗客を降ろしたあと、右折して操車場内に。

バス3台位はおけるスペースで、大型バスでも折り返すことは可能です。

以前は道路が狭く、中型車のバスしか運転されていなかったようですが、今はその制約はないようです。

操車場のところに乗車バス停があり、そこから折り返しのバスが発車します。

一部は千住車庫に出入庫する回送バスもあります。

草41系統は比較的狭い道路をとおり、西新井橋から尾竹橋通りをとおり、三河島、鶯谷を経由して浅草寿町までいきます。

浅草寿町は淺草にも近いですが、最寄駅は銀座線の田原町です。

▲足立梅田町の操車場

まとめ

足立梅田町のバスの操車場をみることができてよかったです。

これで都営バスの気になる行先の場所を解決できました。

今回は
『都バスの気になる行先「足立梅田町」に行ってきた』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

路線バスに関するブログはこちらから

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告