国際興業バス 赤01系統志村三丁目駅から練馬駅まで路線バスの旅 もしかしたら意外と便利かも?

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 鉄道大好き 路線バスも大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

鉄道大好きな私ですが、実は路線バスも大好きです。

特に鉄道駅と鉄道駅とを結ぶ路線バスは、意外と鉄道で行くよりも運賃が安く、重宝します。

今回は、都営三田線志村三丁目駅から西武線・都営大江戸線の練馬駅までの路線バスの旅です。

国際興業バス 赤01系統志村三丁目駅から練馬駅まで路線バスの旅

出発地点は志村三丁目駅 運行頻度は?

今回は志村三丁目駅からスタート。
国際興業バス「赤01系統」は赤羽駅西口を起点に練馬駅を終点とするバスです。

今回は赤羽駅からではなく志村三丁目駅からスタートすることにしました。

バスの本数は1時間に2・3本程度で本数は多くありません。

バスは環八通りを南下、スピードをあげて走行

今回乗車したのは16時台のバス。
バス車内は意外と混雑。

志村三丁目駅を出発すると、ひたすら環八通りを南下。

首都高速5号線の環八高速下から川越街道までの道路は、環八通り最後の開通区間で、途中北町若木トンネルをくぐります。

練馬北町車庫で乗務員交代かと思ったのですが、次の平和台二丁目で乗務員交代。

平和台二丁目のほうが営業所に近いからでしょう。

ちなみにこの赤01系統の担当営業所は練馬営業所です。

平和台駅を通り、練馬春日町駅まで環八通りをひたすら走ります。

そして練馬春日町駅付近から練馬駅までは片側一車線をひたすら走行。

途中、最近何かと話題になった豊島園付近をとおり、終点練馬駅。

ロータリーまで入らず、南口で下車となります。

路線バスの料金と時間は?

運賃は都内均一料金なので、220円(ICカードはは206円均一)

鉄道の場合、行き方は2通りあります。

まずは一番安い方法で、志村三丁目駅から春日駅そして都営大江戸線で練馬駅へ。
料金は370円(ICも370円)

最短だと、志村三丁目駅から巣鴨駅、JR山手線に乗り換えて池袋駅、そして西武池袋線で練馬駅へ。
料金は540円(ICだと527円)

確実にバスのほうが安いです。

時間でみると、志村三丁目駅から練馬駅までバスだと35~40分ほど。

電車だと乗り換えが2回必要で最短でも35分程度。

志村三丁目駅から練馬駅までだとバスのほうが便利なのかもしれません。

赤羽駅から練馬駅だと間違いなく電車のほうがいいですが・・・

いかに都内は縦のラインが弱いことが伺えます・・・

まとめ

都内の場合、いかに縦のラインの路線バスを知っているかで時間の短縮を図ることができます。

今回の志村三丁目駅~練馬駅もその一つです。

今回は
『国際興業バス 赤01系統志村三丁目駅から練馬駅まで路線バスの旅』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

前回の路線バスの旅についてはこちらを御覧ください。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ