相鉄21000系 都営三田線の車庫に入線 なんだか違和感しか…

相鉄21000系 都営三田線の車庫に入線 なんだか違和感しか…

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

今回は趣味の司法書士・行政書士の鉄道日記ブログです。

はじめに

東急新横浜線と相鉄新横浜線の工事が佳境に入っています。

2022年下期には羽沢横浜国大駅から新横浜駅を経由して東急線日吉駅まで繋がります。

そのため、都営三田線から東急目黒線を介して新横浜、相鉄線方面まで一本で繋がります。

そのためか、都営三田線の志村車庫に相鉄線の車両が入線していました。

Twitterでその情報が入ったので、早速いってみることに。

相鉄21000系 都営三田線の車庫に入線 なんだか違和感しか…

どうやってつながっていない相鉄線から都営三田線に来ることができたのか?

現状、相鉄線と東急線とは直接つながっていません。

実は甲種輸送でJR貨物線を介して相鉄線の車両が東急線に入線しました。

相鉄線とJR相模線が厚木付近でつながっていて、茅ヶ崎を経由し、JR武蔵野貨物線を経由し立川、八王子を経由し長津田の東急の車両基地まで輸送されました。

本来は東急線内のみで試運転を行うものと思われましたが、まさか三田線にまで乗り入れるとは思っても見ませんでした。

相鉄21000系 三田線でも試運転を行っているらしい

相鉄21000系は長津田に入線後、目黒線の車両基地である元住吉まで入りました。

その後東急線内で深夜時間帯に試運転を行っていました。

さらにその後に東急目黒線経由で都営三田線に入線。

都営三田線の志村車庫に入線し、深夜時間帯に試運転を行っているとのことです。

▲三田線志村車庫に相鉄車両 違和感しかない…(敷地外から撮影)
▲6500形のとなりに留置されている相鉄21000系(敷地外から撮影)
▲6500形のとなりに留置されている相鉄21000系(敷地外から撮影)

都営三田線に入線ということは三田線に乗り入れ確実!

今回相鉄21000系は自走で入線していることから、都営三田線に乗り入れできる設備を着けていることがわかりました。

ということは、相鉄21000系は東急目黒線を介して三田線に乗り入れる可能性が高くなりました。

メイビーブルーの車両が三田線で営業運転するのは違和感だらけですが…

一方で都営三田線の車両ですが、6500形は現状相鉄線に乗り入れるための設備は備えられていないようで、実際に相鉄線まで乗り入れるかは現時点では未知数です。

一方で6300形は8両化されるかも分からず、一次車、二次車は6500形に置き換えるということでどうなるか分かりません。

なので、三田線の車両が相鉄線内で見ることができるかは分かりません。

▲6500形は相鉄線に乗り入れるのか?(敷地外から撮影)

まとめ

いよいよ東急新横浜線と相鉄新横浜線の準備が佳境に入ったように感じます。

相鉄21000系がこのまま東京メトロ南北線や埼玉高速鉄道線まで入線するのか注目です。

今回は
『相鉄21000系 都営三田線の車庫に入線 なんだか違和感しか…』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

鉄道日記に関するブログはこちらから

1相模鉄道20000系 6両 ポポンデッタ6006P「鉄道模型 Nゲージ」
by カエレバ

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告