都営三田線高島平駅のホームドア更新!すべてのホームで使用開始[鉄道日記ブログ]

都営三田線高島平駅のホームドア更新!すべてのホームで使用開始

会社設立などの企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

都営三田線は現在すべての駅でホームドアを使用中。

しかし、8両編成に対応していないのと、ホームドア更新時期に差し掛かっているため、工事に着手。

2019年6月頃から高島平駅でホームドア更新工事がスタートしました。

その時のブログはこちら

都営三田線高島平駅のホームドア更新!すべてのホームで使用開始

まずは、一度今まで使用していたホームドアを撤去。

その上で柵で安全性を確保します。

その上で新しいホームドアを設置。

今回の更新工事にあたり、8両編成に対応するようにしています。

設置完了後、新ホームドアの使用開始となります。

実際に高島平駅の更新後のホームドアを見てきましたが、都営新宿線と同タイプのものでした。

▼高島平駅4番線のホームドア

ドア部分には透明ガラスをつけ、視界も良くなっています。

▼電車入線時

また、ホームドアのドアの柵の上部に「電車がきます」の案内も。

▼黒色のところに電車が近づくと「電車がきます」と表示が!

発車サイン音は最近の都営地下鉄のものを使うのかと思っていましたが、従来どおりの発車サイン音でした。

ちなみに、都営地下鉄の発車メロディ、サイン音は都営浅草線、新宿線、大江戸線とも共通です(押上駅、都営新宿線新宿駅を除く)。

まとめ

2019年9月23日現在、高島平駅のすべての駅で更新後のホームドアを使用開始。

西台駅で、更新後のホームドアの設置が完了していました。

今後は各駅でホームドアの更新工事を進めていくでしょう。

ついでながら発車サイン音も更新してほしいくらいです。

今回は
『都営三田線高島平駅のホームドア更新!すべてのホームで使用開始[鉄道日記ブログ]』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近の鉄道日記ブログはこちら

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ