法人化するなら今でしょう!個人事業主が法人成りするタイミングは?【会社設立アドバイザーの3分以内で分かるワンポイント】

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

a0001_011488


個人事業主が法人成りするタイミングはいつがいい?

「そろそろ法人化した方がいいのか?」
「節税対策として法人化したい!」

個人事業主の方から相談を受けます。

果たして、いつのタイミングで法人化した方がいいでしょうか?


あなたが既に信用されているのであればチャンス!

周りから信用されているのであれば法人化した方がいい。

私の結論です。

会社にすることは、社会的にも責任を負う立場にあります。
税金をしっかり納める、社会貢献をするなど・・・

法人は、社会に対し信用されることが大事!

すでにあなたが行っている事業が周りから信頼をされているのであれば、法人化でもやっていけます。

さらに、相手(取引先)もあなたが法人化してもらったほうが取引しやすいという利点もあります。

大手企業を相手に取引をしたいのであれば、法人化は避けられません。

法人化するということは「信用度を高める」ことにつながります。


利益が多くなったら会社設立の検討を!

今自分が行っている事業でコンスタントに利益がでて、数年間持続しているのであれば、法人化するタイミングにはもってこい。

個人事業主で納めている税金よりも、法人化して納めたほうが、節税ができるという利点が出てきます。

自分の行っている事業が将来もビジネスとして成り立つもしくは大きくなるというのであれば、法人化はしておくべきです。

ただ、節税ばかりに目をいくことをせず、将来にわたりビジネスモデルをつくり上げることが重要です。


まとめ

法人化するにあたり大事なこと。

それは、

これから自分の事業が社会により受け入れられるのか

ということ。

ある程度個人事業主で売上もでて、利益も継続的にでているのであれば、法人化するチャンスです。

「法人化するなら、今でしょう!」

タイミングを逃さず、挑戦していきましょう!


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせて頂けると嬉しいです!
 

商業登記ハンドブック〔第3版〕

松井 信憲 商事法務 2015-05-20
売り上げランキング : 5232

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ