東京メトロ新型車両17000系に乗ってきた!7000系はだんだん数を減らし…

東京メトロ新型車両17000系に乗ってきた!7000系はだんだん数を減らし…

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

東京メトロ有楽町線・副都心線に新型車両(17000系)登場。

新型車両は旧型車両(7000系)を置き換えるために登場した車両。

となると旧型車両はどうなってしまうのか、今後の動きに注目です。

東京メトロ新型車両17000系に乗ってきた!7000系はだんだん数を減らし…

17000系が登場した背景

東京メトロ有楽町線開業当初から活躍している7000系。

1974年に登場して50年弱活躍している車両。

しかし、製造から半世紀活躍しているため、車両の寿命も近づいてきました。

そこで今回登場したのが、17000系となります。

17000系の運転範囲は?

17000系は、有楽町線・副都心線の他、東武東上線・西武池袋線・東急東横線・みなとみらい線を走っています。

現在は10両編成が登場していますが、まもなく8両編成も登場する予定となっています。

7000系はいつまで残るのか?

17000系は2021年2月から営業運転を開始しています。

17000系の登場と入れ替わって7000系10両編成が次々と運転終了し、廃車となっています。

今後は17000系の8両編成も登場することになるので、7000系の8両編成にも廃車が出ることが予想されます。

個人的な感じですが、まずは7000系の10両編成から廃車が始まり、最終的には8両編成がなくなると思われます。

7000系に関する個人的な希望

副都心線の登場により、現在茶色とイエローのラインとなっている7000系車両。

2022年にはすべての7000系が17000系に置き換わると言われています。

なので、最後に廃車となる車両には有楽町線登場時のカラーでリバイバル車両として運転してほしいと思っています。

まだトップナンバー車第1編成が残っているようなので、この編成がリバイバルカラーになってくれると嬉しいのですが。

とうとう7000系10両編成があと1編成に(5月5日追記)

17000系が5編成目の営業運転が開始されたとのこと。

17000系が営業運転されるの同時に7000系10両編成はどんどん運用を離脱しています。

2021年5月現在、7000系10両編成は残り1編成とかなり貴重になりました。

また17000系の8両編成も1編成搬入されたとのことで、今後は7000系の8両編成の運用離脱が始まりそうです。

いずれにしても7000系は少なくなっていきますので、記録はお早めに!

まとめ

7000系はだんだん数を減らしてきている編成。

もし見かける機会があれば、写真に撮っていこうと思います。

特に10両編成は先に無くなる可能性があるので、記録に残しておきたいです。

今回は
『東京メトロ新型車両17000系に乗ってきた!7000系はだんだん数を減らし…』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近の鉄道日記ブログはこちら

東京メトロとファン大研究読本

久野知美/南田裕介 カンゼン 2021年03月12日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ