1月も10日が過ぎました!改めて2021年に達成したい目標を確認

1月も10日が過ぎました!改めて2021年に達成したい目標を確認

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

2021年も新型コロナウイルス感染症の影響で緊急事態宣言が1都3県で発動。

そんな中でも今年は目標達成に向けて色々動いていきたい年です。

今年は今まであまりやらなかった目標達成どのくらいできているかを検証することにしました。

そこで、改めて目標達成に向けてどうしていくかを書いていきます。

1月も10日が過ぎました!改めて2021年に達成したい目標を確認

事務所の売上 昨年よりも倍に!

昨年は持続化給付金をもらうまでに落ち込んでしまいました。

そこで、昨年の倍の売上(本音は10倍)を目指してやっていくことにしました。

司法書士業務だけだと厳しいため、昨今行政書士としての依頼もそこそこあるため、行政書士の受託件数を昨年より増やし、全体の売上の10%にしていきます。

1月10日までの実績ですと、登記案件は現在会社設立、所有権相続登記、所有権保存登記と抵当権追加設定の依頼を受けています。

行政書士案件だと株主間契約書の作成が入っています。

そこから更に案件を伸ばせるように、業務に邁進していきます。

自己成長をしていくために FP2級の勉強を

自分の仕事の幅を広げるため、今年は資格試験の勉強にも力を入れていきます。

現在、5月の試験合格を目指してFP2級の勉強を始めています。

平日は仕事が終わったあと30分ほど勉強しています。

なかなか細かい数字で引っ掛ける問題が多く、覚えづらいところではあります。

まずは問題がどのような形ででているかを押さえ、そのあとテキストを読む形にしています。

まずは1回目の学習を2月末までには終わらせたいです。

2021年一番のメインは書籍の出版

前々から、書籍の出版のことはいろいろな方から言われています。

なかなか士業のビジネス書というのは難しい側面があります。

とはいっても、自分のビジネスを拡大させるチャンスでもあります。

相続もしくは創業についての書籍を1冊出版できるように企画書なり情報収集をしていきます。

今のところは企画書作成に力を入れています。

まとめ

2021年は2020年以上に色々やっていき、事務所の安定化とさらなるビジネスチャンスを掴む年にしていきます。

あとはプライベートをもっと充実させていくことも視野に入れています。

今回は
『1月も10日が過ぎました!改めて2021年に達成したい目標を確認』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

2021年の目標に関するブログはこちらから

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ