風の時代のリモートワーク創業 個人事業主から法人化が増える予感

風の時代のリモートワーク創業 個人事業主から法人化が増える予感

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

2020年12月22日、私の周りでは「風の時代」というキーワードが結構でていました。

西洋占星術では有名な話のようですが、時代の流れや考え方も大きく変わるとのこと。

私自身は西洋占星術は詳しくないため、いろいろな方からお話を聞いています。

ただ、このご時世で在宅ワーク・リモートワークから個人事業主として創業する方も増えてくるでしょう。

個人事業主から法人化にも流れが行く中で、今後どのようなことが起こるのかを予想してみました。

風の時代のリモートワーク創業 個人事業主から法人化が増える予感

「風の時代」から感じることは?

あまり西洋占星術については知らないため、自分が情報として得たことを、これから起業する方には紹介していきます。

これからは「個人の時代」へとなり、自分からどんどん物事を進めていく時代になるとのこと。

自分の棚卸しをしつつ、得意分野・専門分野を発揮できるようになっていきます。

となると、今の「会社組織」から飛び出して、自分で事業をしたいという方が増えてくるでしょう。

現状、在宅ワークやリモートワークから創業することもたやすくなると思われます。

更には、いいかどうかは分かりませんが、会社も従来の雇用形式を改め、業務委託のかたちとし、経費削減を図っているようです。

そうなると、自分で稼ぎたい副業創業やリモートワーク創業も今後は増えてくるでしょう。

リモートワーク創業から法人化へ

リモートワークや在宅ワークで創業し、法人化にする方も増えてくるのではないかと思っています。

法人の枠だけとにかく作りたいという方が増えて合同会社の設立が増加傾向になると思っています。

これからの法人のあり方として、専門分野ごとに連携しあい、お互いの足りないところを補う形式になるのではないかと思っています。

さらには、よりAIが進化する中で、人でないとできないものも進んでいくでしょう。

リモートワークや在宅ワークもより進化する中で、リアルでのつながり、コミュニケーションも重要になります。

パソコンと通信環境ができれば仕事はできますが、人としての繋がりもより「風の時代」だからこそ大事になります。

私の業務もAIに変わるかもしれませんが、起業や相続のアドバイザーとして、皆様の不安を感じているところを一緒になって解決していければと思っています。

まとめ

時代の流れに敏感になるとともに、リモートワークや在宅ワークで創業し、個人事業主から法人化への道が開けてくるだろうと思っています。

今後も個人事業主から法人化へのよきアドバイザーとして情報発信していく所存です。

今回は
『風の時代のリモートワーク創業 個人事業主から法人化が増える予感』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

会社設立に関する最新ブログはこちら

参考書籍

個人事業+ミニマム法人でフリーランスの年金・医療保険が充実!

奥野 文夫 中央経済社 2020年10月05日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ