東武特急「しもつけ」はこのまま廃止になってしまうのか?[note]

東武特急「しもつけ」はこのまま廃止になってしまうのか?[note]

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

今まで鉄道日記は自分のブログのほうに書いていました。

今回は実験的にnoteで鉄道日記ブログを書きます。

今回の話題は、現在新型コロナウイルスで運休中の東武特急「しもつけ」号です。

東武特急「しもつけ」はどうなるのか?

今回の鉄道日記は
東武特急「しもつけ」はこのまま廃止になってしまうのか?
です。

東武スカイツリーライン・日光線・宇都宮線の特急「しもつけ」号。

浅草から東武宇都宮駅間を結ぶ特急で、所要時間は下りで2時間、上りで2時間11分です。

車両は急行から特急に格上げするときに登場した350型4両編成。

急行りょうもう号で使用されていた車両を改造して日光線でも走ることができるようにした車両です。

正直、利用実績も芳しくなく、車両も老朽化が進んでいるので、2020年6月6日のダイヤ改正で運行取りやめとなります。

まとめ

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が延長され、運休中の東武特急「しもつけ」号も引き続き運休の可能性があります。

このまま運転しないで取りやめになってしまう可能性もあります。

今回は
『東武特急「しもつけ」はこのまま廃止になってしまうのか?[note]』
に関する内容でした。

by カエレバ

あわせて読みたい

前回の鉄道日記ブログはこちら

東急8500系 東急田園都市線で活躍していた車両も新型車両登場で数を減らし…[note] | 司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ