事務所新年営業開始日にオンライン申請トラブルとは…[司法書士の日常]

事務所営業開始日にオンライン申請トラブルとは…

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

2020年は激動な年となる予感。

まさに業務開始日にまさかのことが。

今回は、法務省のオンラインシステムのトラブルのことについて触れていきます。

事務所営業開始日にオンライン申請トラブルとは…

商業登記を申請しても一向に到達しない…

8時30分、その日に申請しようとした商業登記をオンライン申請。

しかし、いつまで経っても到達通知が来ず、受付待ち状態。

管轄法務局に問い合わせたところ、原因不明。

オンライン申請サポートデスクに問い合わせたら、現在、オンライン申請ができないことが発覚。

法務省登記・供託オンライン申請システムのホームページにこんな内容が。

登記・供託オンライン申請システムにおいて処理状況が遷移しない事象の発生について

結局はシステムトラブルが影響して、オンライン申請ができない状況に陥っているとのこと。

事件が到達していないと、本日受付ができなくなる、それだけは避けないといけないため、急遽書面申請で書類を作成して、管轄法務局に。

事なきを得ましたが、その後システムが復旧したらしく、朝オンラインで申請した登記は到達通知が来ました。

オンライン申請と書面申請どちらが優先か?

商業登記の二重登記が行われると、先に事件処理する方を優先するようで、今回の私の件については、書面申請で処理されることに。

オンライン申請については、翌日取下で処理することになりました。

商業登記の場合はいいですが、不動産登記の場合は先順位で登記されてしまうと大変な問題になり、結構焦るでしょう。

どう扱われたのかは正直わかりませんが…

今回のシステムトラブルはどうなったのか

法務省の登記・供託オンラインシステムで、以下の通知がされました。、

本日午前8時30分頃から,登記・供託オンライン申請システムにおいて,到達待ち又は到達・受付待ちの処理状況から遷移しない事象が発生しており,お詫び申し上げます。
現在,原因等調査中ですが,本日の業務時間中に到達した「不動産登記」及び「商業法人登記」の登記申請は,本日付けで受付処理がされる予定ですので,お知らせします。
なお,「到達待ち」又は「到達・受付待ち」と表示がされている申請等については,改めて申請情報を送信する必要はありません。

それでも、やはり、通知が到達されたかどうかで決まる登記申請もあるわけで、こういうトラブルは改善されないといけません。

原因は現在調査中のようですが、オンラインを推進する国として、一刻でも早く原因を解明してほしいのと、トラブルを未然に防ぐ対策を講じてほしいです。

まとめ

オンライン申請もトラブルが起こることを予期して動くことも必要なのかと感じた次第です。

便利な世の中にはなりましたが、まだアナログで対応しないといけない部分も出てきそうです。

今回は
『事務所営業開始日にオンライン申請トラブルとは…[司法書士の日常]』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

司法書士の日常ブログはこちらから

2020年も箱根駅伝往路を京急蒲田駅付近で観戦!さらに横浜まで[司法書士の日常]

参考書籍

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ