2020年早くに山手線E231系500番台が見られなくなる?世代交代の波が![鉄道日記ブログ]

2020年早くに山手線E231系500番台が見られなくなる?

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

JR山手線は急速に新型車両E235系に置き換わっています。

▼JRE235系

今まで活躍していたE231系500番台が山手線で見ることがめっきり減りました。

▼JRE231系500番台

そして、2020年の早い段階ですべての車両がE235系に置き換わってしまうとのことです。

ではまだまだ使えるE231系500番台はどうなるのでしょうか。

2020年に山手線E231系500番台が見られなくなる?

玉突きで古い車両を排除

JR山手線で活躍していた車両は、現在JR中央・総武緩行線で活躍中。

山手線は11両編成ですが、JR中央・総武緩行線は10両。

1両余ってしまいますが、それはE235系に組み込まれる塩梅になっています。

実はE231系に6ドアが2両組み込まれたときに、6ドア車をなくすために4ドア車両が登場し、そのうち1両をE235系に改造して組み込まれているのです。

効率的というか…

そして、JR中央・総武緩行線はすべて4ドア車となり、ホームドアを設置することになります、

▼JR中央・総武緩行線のE231系500番台

そして、今までJR中央・総武緩行線で活躍していたJRE231系や209系は他路線に移動。

武蔵野線で活躍していた、JR205系置き換えています。

▼武蔵野線で走っている205系

205系は一部が海外(ジャマイカ)の鉄道会社に譲渡されています。

いわゆる玉突き状態で車両のやりくりをしています。

なんだかJR東日本の車両のやりくり上手さが伺えます。

JRE235系が次に登場する路線は?

次にJRE235系が登場するのは、横須賀・総武快速線になるとの発表が出ています。

鉄道チャンネルのニュースで紹介されています。

車内は山手線と変わらないとのことで、広告もデジタル対応になるのか注目です。

さらに、現在のJRE217系は、一部車両がクロスシートになっていますが、E235系ではグリーン車を除きすべてロングシートになるようです。

JRE217系がそういう処遇になるのか、他路線への配属になるのかも注目です。

▼JRE217系

まとめ

JR山手線に新型車両が登場すると、様々な路線に影響が出ますね。

果たして、2020年3月開業予定の高輪ゲートウェイ駅登場まで、JR山手線とE231系500番台が残るのか注目です。

今回は
『2020年早くに山手線E231系500番台が見られなくなる?世代交代の波が![鉄道日記ブログ]』
に関する内容でした。

もう一つ鉄道日記ブログをどうぞ!

2020年1月3日東京メトロ銀座線渋谷駅線路切換工事完了 早速見てきた!

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ