11月30日開業の羽沢横浜国大駅に行ってきた![鉄道日記ブログ]

11月30日開業の羽沢横浜国大駅に行ってきた!

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

相模鉄道とJR直通線との境界駅「羽沢横浜国大駅」

2019年11月30日、待望の開業!

もともと興味があったところであり、早速「羽沢横浜国大駅」に行ってきました!

11月30日開業の羽沢横浜国大駅に行ってきた![鉄道日記]

羽沢横浜国大駅はどこにあるのか?

相模鉄道の西谷駅から相鉄本線に分岐して新線をつくり、JR貨物の横浜羽沢駅付近で接続するのが今回の「相鉄・JR直通線」。

羽沢横浜国大駅の雰囲気は?

ホームは2面2線の対向式ホーム。

1番線が相鉄線、2番線がJR方面ですが、早朝時間帯は、相鉄線方面は2番線から発車します。

駅は開放感があり、広々した感じ。

▼広々とした駅構内

ここは相模鉄道とJR線との駅ですが、管理は相模鉄道が行います。

▼駅の表示板は相模鉄道とJR両方併記

今後新横浜駅方面へ開業したときは相鉄線となるので、管理は相模鉄道です。

▼駅の看板も相鉄形式

駅から新宿方面を見ると真中2線が新横浜駅方向に向かう線路、JR直通線は左右に分かれた線路からきます。

▼羽沢横浜国大駅から新宿方面、真中2線が2022年下期開業予定の東急直通線

羽沢横浜国大駅が真価を発揮するのは、新横浜駅まで開通して、東急線と接続したときだと思われます。

振替輸送のときの対応を確認しておくことが重要

時刻表を見ると、日中の時間帯は30分に1本と横浜市内の駅ではかなり少なめ。

バスも1時間に1本程度しかなく、振替輸送が発生したときは大変そう。

▼新横浜駅と保土ヶ谷駅を結ぶバス停が駅前に!

羽沢横浜国大駅から横浜や周辺の駅まで行く方法は予め確認しておくことをおすすめします。

▼歩道橋から新宿方面を撮影

▼羽沢横浜国大駅の新駅開業記念スタンプも押してきました!

まとめ

相模鉄道が念願の都心直通ルートを開業したことは、地元でも大きな影響を与えそう。

私は2022年下期開業の相鉄・東急直通線がさらに好影響を与えると思っています。

今回は
『11月30日開業の羽沢横浜国大駅に行ってきた![鉄道日記ブログ]』
に関する内容でした。

相模鉄道に関する記事 あわせて読みたい

羽沢横浜国大駅 既にJRの料金表や路線図に駅名が…まだ開業していないのに!

相鉄12000系と20000系 相鉄線内以外で顔を合わせる可能性が高いところは?[鉄道日記ブログ]

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ