相鉄線(相模鉄道)が劇的に変わる!2019年11月30日に都心へ一直線!

相鉄線(相模鉄道)が劇的に変わる!2019年11月30日に都心へ一直線!

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

相模鉄道(相鉄線)が劇的変化を迎えます。

念願だった横浜での乗り換えなしで、相鉄線から渋谷・新宿方面に。

飛躍的に相鉄線が便利になります!

2019年11月30日 相鉄線とJR線が直通運転開始!

相鉄JR直通電車 どのルートを通っていくのか?

今まで都心部に出るまでは横浜まで出るか、海老名や大和での乗り換えが必要でした。

しかし、JR直通ルートができると相鉄沿線から渋谷・新宿まで1本で行けるようになります。

相鉄線西谷駅から新駅「羽沢横浜国大」駅を通り、その先でJR貨物線と合流し、武蔵小杉をとおり、そのあとは湘南新宿ラインと同じルートで渋谷・新宿を目指します。

ある報道記事によると、新宿から先埼京線との直通運転も予定されています。

相鉄線の車両が川越まで乗り入れることも想定され、埼京線の様子もガラリと変わるかもしれません。

あと、JR車両が相鉄線に乗り入れることも噂されており、埼京線の車両が相鉄線内で見ることができるかもしれません。

ダイヤですが、細かいことまでは2019年4月20日現在では公表されていませんが、朝ラッシュ時間帯は1時間に4本程度、その他の時間帯は1時間に2~3本程度になるようです。

JR直通運転で使用される車両は?

今回、相鉄線はJRとの直通運転用として、新型車両12000系を登場させました。

▼相鉄新型車両12000系

東急線乗入れ用20000系同様、ネイビーカラーが特徴の車両。

▼相鉄20000系 こちらは東急乗入れ車両

独特の感じで、かなり目立ちますね。
これがJR埼京線内まで乗り入れるとは・・・

2022年度下期には新横浜そして東急線と直通運転開始!

相鉄・JR直通線の他にも、相鉄線はさらに変貌を遂げる予定です。

2022年度下期、羽沢横浜国大駅から新横浜駅を経由して東急線日吉駅まで結ぶ路線が登場。

新横浜を境に、相鉄線側は「相鉄新横浜線」、東急線側が「東急真横浜線」となります。

日吉から、東急東横線・目黒線に乗り入れる予定です。

現在、東急目黒線は6両編成ですが、2022年をめどに8両編成に対応する予定で、今後準備を進めていくとのこと。

東京メトロ南北線や埼玉高速鉄道、都営三田線も8両編成に対応した工事をするとのこと。

都営三田線は8両編成に対応するために、新型車両を登場させ、一部の6300形と置き換えるとのこと

相鉄線はさらに変貌を遂げることでしょう。

▼相鉄線に乗り入れるかもしれない都営三田線の車両

まとめ

ついに念願の相鉄線の乗換なしの都心乗り入れ。

実際にJR直通運転されたら乗りに行く予定です。

今回は
『相鉄線(相模鉄道)が劇的に変わる!2019年11月30日に都心へ一直線!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

相模鉄道12000系新型車両のお披露目会に行ってきたときのブログはこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ