相鉄・JR直通線開業!羽沢横浜国大駅の入場券購入と行先表示器の変化

相鉄・JR直通線開業!羽沢横浜国大駅の入場券購入と行先表示器の変化

鉄道大好き司法書士 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)ですはじめに。

はじめに

2019年11月30日、ついに「羽沢横浜国大駅」が開業し、相鉄線とJR線の直通運転が開始されました。

私も先日行ってきましたが、まだブログで書いていないことがあったので、紹介します。

相鉄・JR直通線開業!羽沢横浜国大駅の入場券購入と行先表示器の変化

羽沢横浜国大駅で入場券を購入

せっかく羽沢横浜国大駅に来たので、記念になるものを。

ということで、入場券を購入。

珍しいことにきっぷが硬券。

自動改札を通ることができないきっぷ。
都内では最近見ることができないもの。

買っておいてよかった。

あと、先日のタモリ倶楽部で駅名表示板に出演者のサインがあることをつい最近知ることに。

今度羽沢横浜国大駅に行くときに見てこようと思います。

西谷駅も変化が!

相鉄本線とJR直通線の分岐駅、西谷駅。

特急停車駅ともなり、かなり雰囲気も変わりました。

西谷駅の駅名標にもついに隣駅「羽沢横浜国大駅」の表示が。

いよいよ相鉄線の歴史が変わった雰囲気を受けました。

西谷駅は、以前は待避駅でしたが、1番・4番線が羽沢横浜国大駅・JR直通線が使用し、2・3番線が横浜方面の本線に変わりました。

そういえば、相鉄のキャラクター「そうにゃん」を見かけました。

可愛いキャラクターですね。

車両の側面も撮影

相鉄からJRに直通するときの表示を撮影。

特急表示はJR埼京線のカラーをイメージするもので、乗り入れ先のJR埼京線の表記も。

扱いはJR埼京線のようです。

車両が埼京線のE233系7000番台なのも影響しているかもしれません。

まとめ

相模鉄道の都心直通の気合の入れ方が大きいように感じた今回の開業。

また時間のあるときにでも乗りに行きます!

今回は
『相鉄・JR直通線開業!羽沢横浜国大駅の入場券購入と行先表示器の変化』
に関する内容でした。

相鉄・JR直通線の記事についてあわせて読みたい

11月30日開業の羽沢横浜国大駅に行ってきた![鉄道日記ブログ]

羽沢横浜国大駅 既にJRの料金表や路線図に駅名が…まだ開業していないのに![鉄道日記]

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ