JR札沼線(学園都市線)新琴似駅と札幌市営地下鉄南北線麻生駅は乗り換えられるのか?[鉄道日記ブログ]

JR札沼線(学園都市線)新琴似駅と札幌市営地下鉄南北線麻生駅は乗り換えられるのか?

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

今回のブログはマニアックブログなので、興味ない方はスルーしてください。

先日、札幌に行ってきました。

北海道マラソンに出場する方の応援のためです。

応援に行くために、Yahooの路線案内を見ていたら、自分にとって興味あるルートが。

早速検証するために行ってきました。

JR新琴似駅と札幌市営地下鉄南北線麻生駅は乗り換えられるのか?

JR新川駅からJR新琴似駅へまずは移動

JR札沼線(学園都市線)新川駅付近でランナーを応援。

ちょうど15キロ時点でトップのランナーがあっという間に通過。

市民ランナーのトップクラスの走りをみて、すごいの一言。

すべてのランナーを応援したかったところですが、ゴールの大通公園に行かなくてはならないため、泣く泣く応援場所から去ることに。

新琴似駅から麻生駅まで徒歩で移動 そして大通公園へ!

新川駅から一駅、3分ほどで新琴似駅へ。

新琴似駅は近代的な高架化された駅です。

麻生駅方面の看板があったので、それにしたがった移動。

駅前の大通りを渡り、ひたすら歩いていきます。

今回のルートはこちら

新琴似駅から歩くこと約10分。

札幌市営地下鉄南北線麻生駅の1番出口に到着。

意外と新琴似駅から麻生駅まで近い感じがしました。

ただ、麻生駅1番出口から改札口までは少し距離があります。

そして、南北線にのって大通駅へ。

ゴールの大通公園には、沿道に多くの方がトップランナーの到着を今か今かと待っている状態でした。

まとめ

JR札沼線は日中は20分間隔、南北線は日中は7~8分間隔。

新琴似駅と麻生駅をうまく使うと、目的地まで意外と早くつけるかもしれませんね。

ちょっとマニアックな内容ですが…

今回は
『JR札沼線(学園都市線)新琴似駅と札幌市営地下鉄南北線麻生駅は乗り換えられるのか?[鉄道日記ブログ]』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近の鉄道日記ブログはこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ