2018年自分の中での鉄道ニュース 東急電鉄にも2020系・6020系の新型車両が登場、東京メトロ6000系が引退していたことを失念していた・・・

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

2018年、今年も大好きな鉄道に乗りに行ってきました。

昨年末に新型車両登場と引退車両のことをブログで書きました。

しかし、東急電鉄にも新型車両が出ていたことと東京メトロで引退車両があったことを失念していました。

今回は昨年登場した東急電鉄の新型車両のことと東京メトリの引退車両を紹介します。

東急電鉄にも新型車両が登場していたこと、東京メトロで引退していた車両を失念していた・・・

東急2020系

東急田園都市線は8500系が多く走っていて、現在も5000系とならび主力車両となっています。

しかし8500系も登場して相当な年月が経過するため、置き換え用として登場したのが2020系です。

今後は東急田園都市線の主力車両として活躍するでしょう。

東急6020系

こちらは大井町線の急行の輸送増強用で誕生。

7両編成で現在は2編成が活躍。

昨年12月より、そのうち1両を「Q-Seat」がなり、夕方の大井町発長津田行で座席指定車両となりました。

東京メトロ6000系

こちらは長年千代田線で活躍していた車両。
独特の正面が印象に残る車両でした。

このブログに東京メトロ6000系の引退のことを載せてあります。

まとめ

これから2020系は東急田園都市線の主力車両として活躍するでしょう。

そうなると8500系は数をどんどん減らしていくので、早めに記録するといいかも知れません。

東京メトロ6000系は7000系、8000系にも影響を及ぼした車両。
長年、本当にお疲れ様でした。

今回は
『2018年自分の中での鉄道ニュース 東急電鉄にも2020系・6020系の新型車両が登場、東京メトロ6000系が引退していたことを失念していた・・・』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

2018年の新型車両、引退車両のことを書いたブログはこちらから!

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ