男もファッションに気を使うべき?『チャンスをつかむ男の服の習慣』(再読) 【司法書士の読書日記2016年28冊目】

東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


今回の読書日記ブログは再読。


2016年28冊目、今回紹介する本は、
『チャンスをつかむ男の服の習慣』

チャンスをつかむ男の服の習慣

政近 準子 KADOKAWA/中経出版 2014-11-27
売り上げランキング : 74210

by ヨメレバ

はじめに


2015年1月4日に読書日記ブログで
書いた本を再読。


最近、服についてどうすればいいか
迷っていたので、ちょうどいい機会に
読み直そうと思い再読。


1年10ヶ月ぶりに読んでみた。


改めて「洋服の着こなし方」について
考えさせられた。


ビジネスチャンスを掴むには日頃からの心構えが大事!


毎日の積み重ねが洋服の良し悪しを変える


たとえ高価な服でなくても、きちんと
手入れをすれば、価値が十分にでてくる。


ブラシをかけ、ハンガーにきちんと
書けることで洋服も喜ぶ


毎日の心構えが非常に大事なのだと
改めて読んで感じた。


自分も正直できていなかったところなので、
再度確認する上で勉強になった。


小物の手入れも重要!


洋服以上に気をつけるべきなのは
ベルトやネクタイなどの小物。


これらも雑に扱いがち。


しまい方に一工夫することで、
影響がでてしまうだろう。


どういうシチュエーションで服を選ぶかの重要性


フォーマルなのかカジュアルなのか?

自分の個性を出していくためには
どうすればいいのかを分かりやすく
解説してある。


普段何気なくこの服装で行こうと
思っていると意外と落とし穴がある。


この本を再度読んだ時、シチュエーション
でビシっと決めたいのならどの点に
気をつければいいか、改めて勉強になった。


あと、著者のファッションの習慣「TPPOS」
についても非常に参考になった。


「TPPOS」とはどんなものかは
この本を読んでからのお楽しみ。


※以前「ウエブ心理塾」で政近さんとお会いした時に撮影していただきました。

写真 2015-09-19 19 37 31


まとめ


全体にこの本を読んで改めて感じたことは、
毎日コツコツの積み重ねが非常に大事だと
いうこと。


丁寧に扱えば、人の見る目も変わるかも
しれない。


ビジネスで成功したい方は、
この本は是非読んでもらいたい。


女性の方でも、夫やパートナーのために
この本を読んでアドバイスしてあげるのも
いいかもしれない。

チャンスをつかむ男の服の習慣

政近 準子 KADOKAWA/中経出版 2014-11-27
売り上げランキング : 74210

by ヨメレバ

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!
メルマガ登録はこちら   

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ