結局は自分のことしか考えていないからか?なぜ東池袋大勝軒分裂問題が起きてしまったのか

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士桐ケ谷淳一です。


大勝軒の分裂問題で分かったこと

大勝軒の分裂騒動
結局は権威争いではないのか

私はそう思いました。

師から次期後継者と氏名されたものと、
後継者から仕打ちを受けたもの

いろいろあったようですが、
分裂するということは、
イメージを悪くするだけです。


今回の「大勝軒」の分裂騒動は
結局は自分本位の問題になるのか、
周りのことを考えずに自分だけしか
見えていないから起きたのだと思います。


会社でお家騒動が起きると・・・

会社でお家問題が起きてしまうと
たちまちイメージダウンにつながり、
売上が下がってしまう危険が生じます。


京都の某老舗鞄店を見れば
お分かりいただけるでしょう。


今までうまくやれていても些細な事で
分裂してしまう。


経営者の方は

承継問題について、結構神経をつかうこと

を意識すべきです。

誰が適切か、承継問題は難しい側面があります。

そのためにも早めに
対応すべきといえるでしょう。


師はどう思っているのか?

本当に師は今回の分裂騒動、
どのように思っているのでしょうか?

きっと天国で泣いていると思います。

そのことを残された弟子たちは
意識しているのでしょうか?

それ以前にイメージダウンにつながる
今回のできごと。

早く問題解決が図られると
いいのですが・・・

大勝軒創業者・山岸氏の妹「怒ると思う」弟子分裂騒動で心境語る

 

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ